SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

海外でのソーシャルメディア上動向分析サービス「電通バズリサーチ グローバルレポート」リリース

 電通は、ホットリンクとiSentia Brandtology Pte Ltd(以下、アイセンティア・ブランドトロジー)との共同で、顧客企業に関する海外でのソーシャルメディア上の動向を分析・レポートする「電通バズリサーチ グローバルレポート」の提供を開始した。対象は、アジア太平洋地域を中心に欧米諸国をも合わせた世界21か国・地域。

 同社は2006年からホットリンク社と共同で、国内におけるソーシャルメディアでの消費者の口コミ情報をリアルタイムに集計・分析するリサーチシステム「電通バズリサーチ」のサービスを提供してきた。顧客からの海外版ニーズの高まりを受けて、今回の取り組みに至った。

 「電通バズリサーチ グローバルレポート」では、事前のコンサルティングにより、目的に合わせた巡回チェックすべき各国サイトを選定。当該国でのソーシャルメディア事情、影響力などに関して、顧客の課題に沿った分析を行った上でのレポート作成が可能である。そして各国の事情を理解し、マーケティングに精通したアナリストを通してレポートされ、日本語でのレポート提出も可能だ。なお、レポートのアウトプットは、日別件数の推移、ポジティブ・ネガティブ分析、クラスター分析(口コミの話題内容の分類表示)など定量、定性両面となる。

【関連記事】
英国で急成長するソーシャルメディア広告、そのほとんどはFacebookへ
ガイアックス、ソーシャルゲームに特化した「アクティブサポートサービス」の提供を開始
ヤフー、手軽にソーシャルメディアの投稿を検索できる新機能「なう検索」公開
セプテーニのソーシャル広告運用最適化ツール「PYXIS」、「Twitter Ads API」を活用した運用開始
高校生が最もよく使うサービスはLINE、中学生はYouTube

話題内容の分類表示)など定量、定性両面となる。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/06 13:30 https://markezine.jp/article/detail/21023

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング