SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、クリエイティブアワード&ヨルパネ!ノミネート作品を発表

 ヤフーは、「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014」において、一次選考を経て最終審査にノミネートされた45作品および、別企画として併設された「夜のインターネットクリエティブアワード」ノミネート5作品を公式サイトに公開した。

 2006年に創設され、9回目を迎えた「Yahoo! JAPANインターネット クリエイティブアワード」は、スマートデバイスの利用者数が増加し、技術の開発進歩もめざましい昨今の状況をうけ、スマートデバイスに関連した広告作品やクリエイティブに限定したアワードとして、7月15日~8月18日の期間中に作品を募集した。後日行われる最終審査会にてグランプリおよび各賞が決定される。受賞作品は11月26日開催の贈賞式で発表後、各公式サイトに掲載される予定。

 「夜のインターネットクリエティブアワード」は、広告クリエイティブの可能性を探り、将来有望な才能あるクリエイターを発掘・支援していくことを目的として、本年度の特別企画として開設された。本アワードのために、Yahoo! JAPANのトップページの広告枠であるブランドパネルが深夜限定で解放される。第一弾として7月13日~8月30日の25時から26時の間に、参考クリエイティブ6作品が公開されている。11月の贈賞式後には、同時間帯に改めて受賞作品が公開される予定。

【関連記事】
「Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード2014」作品募集開始
深夜にYahoo! JAPANのブラパネをクリエイターに開放!
「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2013」受賞作品発表!
電通九州と電通PRの「くまモン ほっぺ紛失事件キャンペーン」PRWEEKアワード・アジアで受賞
「コードアワード2014」受賞作品決定!グランプリはエバラ「おくちの中の遊園地」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/09 18:10 https://markezine.jp/article/detail/21057

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング