SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINE ビジネスコネクト」導入企業増加が広告事業の売上牽引か【2014年7-9月期LINE業績】

 LINE株式会社は、10月30日、2014年7-9月期(Q3)の業績を開示した。売上額は230億円(前四半期比16.6%増、前年同期比82.9%増)となった。そのうち、基幹事業であるLINE事業の売上額は209億円(前四半期比17.7%増、前年同期比104.2%増)であった。

 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)は約1億7,000万人。そのうち、LINEがトップシェアを占める3か国(日本、タイ、台湾)のMAUは約8,700万人を占めた。登録ユーザー数はアジアを始め、欧米や南米でも堅調に増えており、コロンビアで1,000万ユーザー、アメリカで2,500万ユーザー、インドで3,000万ユーザーを超えるなど、1,000万ユーザーを超える国は計11か国になった。

スタンプ事業

 スタンプ事業においては、ユーザーが制作するスタンプを世界中で販売・購入できるプラットフォーム「LINE Creators Market」が成長しており、2014年9月末時点で139か国のクリエイターが参加し、登録クリエイター数は250,000人以上、販売スタンプ数は23,000セットを突破。海外のクリエイターも継続的に増加している。

広告事業

 広告事業においては、LINEのメッセージ送受信機能を企業向けにAPI経由で提供し、各企業が自社のCRM基盤としてLINEを活用することができる「LINE ビジネスコネクト」の導入企業が日本で増加している。また、アジア地域では、「LINE@」の提供を9月より台湾で開始し、利用企業が順調に増えている。

ゲーム事業

 ゲーム事業においては、「LINE レンジャー」「LINE ゲットリッチ」「LINE:ディズニー ツムツム」が引き続き好調。日本、台湾、タイ、インドネシアでは、企業とのコラボレーションやイベント、TVCMなどのマーケティング活動を積極的に展開し、売上の増加につながった。また、9月に提供を開始した「LINE ポコポコ」と「LINE ステージ」が日本とアジアを中心に好調で、今後の成長が期待される。

海外展開

 東南アジアでは、中小企業や店舗オーナーを対象とした公式アカウント「LINE@」や、Android版LINEを対象としたインセンティブサービス「LINE フリーコイン」など、日本を中心に成功したビジネスモデルを他国にも水平展開していくパターンと、各国ごとにローカライズしたコンテンツや独自サービスを提供するパターンの二つの戦略で、プラットフォーム展開を推進している。

 今後は、10月に発表した「LINEマンガ」のグローバル展開や、決済システムの導入、O2O領域の進出においても積極的に推進していく方針。アメリカ、スペインなどの欧米や、メキシコ、コロンビアなどの南米においては、現地企業との共同マーケティングや、コンテンツのローカライズ展開などを通じてユーザー数は順調に増加。これらの市場においてはユーザー基盤がプラットフォーム展開を推進できる基準を満たした段階で順次展開していく。

【関連記事】
企業スタンプ欲しさに商品を購入した経験がある人は半数以上に【LINEスタンプに関する調査】
LINE活用の最新事例がわかる!LINE主催のアプリデベロッパー向けマーケティングセミナー開催
LINEキャラクターが原宿竹下通りをジャック!ハロウィンイベント開催
LINEはスマホ時代のCRM基盤へ/DACなど9社、「LINE ビジネスコネクト パートナー」認定へ
LINEの次なる戦略テーマは「LIFE」/決済・タクシー・地図・オープンIDなど新サービス続々発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/30 12:30 https://markezine.jp/article/detail/21270

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング