SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PublicisがSapientを37億ドルで買収、企業のデジタル化を支援

 11月3日、Publicis GroupeはSapientの買収を発表。同社の発行済み株式すべてを37億ドルのキャッシュで取得する。Publicis Groupeの完全子会社となった後は、NASDAQの上場は廃止する。

 1990年、ボストンに設立されたSapientは、SapientNitro、Sapient Global Markets、Sapient Government Servicesという3つのディヴィジョンを通じて、マーケティング、オムニチャネル、コマース、コンサルティングの分野で企業のデジタル対応を支援。世界37都市で事業を展開しており、クライアントは、金融、小売、テクノロジーとコミュニケーション、CPG、旅行・レジャー、自動車、エネルギー、政府機関、健康・教育と幅広い。業績は好調に伸びており、2014年6月までの1年間に、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域で13億5600万ドルの収益を上げた。

 デジタル領域におけるリーダーシップを強化したいPublicisは、2018年までに収益の50%をデジタルとテクノロジーから上げるという目標を掲げている。両社は「Publicis.Sapient」という、コミュニケーション、マーケティング、コマース、テクノロジーをまとめあげるプラットフォームを立ち上げ、Sapientの3つのディヴィジョンだけでなく、DigitasLBi、Razorfish Global、RosettaといったPublicis傘下の企業も力を結集させる。

【関連記事】
Publicis、Adobe Marketing Cloudに独自マーケティングプラットフォーム構築
PublicisがCriteoを買収との報道
OmnicomとPublicisが合併解消、世界最大の広告代理店の誕生に至らず
WPPグループとRentrak、大規模TV視聴率データと消費者データを統合したターゲティングの実現へ
AppNexus、WPPからプラットフォームと資金を獲得、SSP領域トップを目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/04 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21299

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング