SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、英国のモバイル・エージェンシー「フェッチ社」の株式80%取得へ~モバイル広告市場での成長加速

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、英国のモバイル・エージェンシー「Fetch Media Limited」(以下、フェッチ社)の株式80%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを電通グループが有することで、フェッチ社株主と合意した。これは、急成長するモバイル広告市場における成長の加速を目的としたもの。

 買収完了後フェッチ社は、マス媒体やデジタルメディア、OOHやクリエーティブなどの領域を専門とする電通グループのグローバルネットワーク・ブランド各社との協業を推進してゆく。

 なお、フェッチ社はモバイル領域におけるフルサービスを提供する、グローバルエージェンシー。特に、モバイルメディアを活用した広告の企画立案と広告枠の買い付けにおける専門性が高く評価されている。現在、英国・米国・ドイツ・香港にサービス拠点があるが、今後も拠点を拡充していく予定。

【関連記事】
電通、JICAのODA事業の一環としてエチオピアのリ・ブランディングに挑戦
米国ネット広告収益は2014年上半期に過去最高の231億ドル、モバイルとソーシャルが成長
2013年モバイル広告は92%成長、ディスプレイ広告の躍進とアジアで成功したメッセージング広告
Criteo、クロスデバイス広告ソリューション発表
「電通ロボット推進センター」設立~ソリューション提供により新産業の創出に貢献

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/07 09:00 https://markezine.jp/article/detail/21329

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング