SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本経済新聞社と米エバーノートが資本・業務提携、内容に連動したコンテンツの自動配信を来年開始

 日本経済新聞社(以下、日経)とエバーノート社は資本・業務提携することで基本合意した。日経はエバーノートに2,000万ドルを出資する。提携第一弾として、エバーノートと「日本経済新聞 電子版」の双方のサービス上で、キーワードや文脈にマッチしたコンテンツをタイムリーに自動配信する機能を提供する。エバーノートに関連記事を配信するサービスは英語圏向けに米メディア大手のダウ・ジョーンズやテッククランチなどが提供を開始しているが、米国以外では日経が第1号となる。

 2015年初頭から、エバーノートの利用者が作成する文書の内容に応じて、関連する日経電子版のコンテンツを自動的にエバーノート上に配信する「コンテキスト」サービスを開始する。対象コンテンツは日経電子版に掲載されている朝刊、夕刊のほか電子版の独自記事。自動配信されたコンテンツは簡単にエバーノート内に保存したり、文書作成時に引用したりすることが可能。

 日経電子版を読む際には、利用者本人が過去に作成・保存したものや、グループで共有したエバーノート内の文書から、閲覧中の記事に関連するものを自動的に電子版上に表示する機能も順次提供する予定。ちなみに、こちらのサービスは日経電子版が世界初となる。なお、このような連携機能の提供は、日経とエバーノート双方の有料会員が対象。

日本経済新聞電子版の閲覧時に関連が深いエバーノート内の資料を表示
日本経済新聞電子版の閲覧時に関連が深いエバーノート内の資料を表示

 今回の提携で日経は「ビジネスツール」としての機能を強化する。今後両社は、ビジネスパーソンにとって必要な情報を必要な時に、検索なしで提示する機能を共同で開発してゆく。

【関連記事】
日経、英誌「MONOCLE」と資本・業務提携、海外での英文媒体の販売を加速
無料サッカーニュースアプリ「日経W杯2014」15万ダウンロード突破!
日経BP社、トルコの出版社MDGを6億円で買収
日経リサーチ、顧客情報戦略の新サービス「ミルフィーユ」リリース
日経、イベントレジストに1億6500万円出資

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/21343

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング