SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEクリエイターズスタンプ販売総額、半年で35.9億円突破/145か国27万人がクリエイター登録

 「LINE Creators Market」は、2014年4月17日からクリエイターおよびスタンプの登録受付を開始して以降、11月7日までの約7.5ヶ月間で登録クリエイター数は27万人を突破し、145ヶ国からクリエイターが参加している。また、個人のクリエイターに加え、タレントや法人、スポーツチームなどもスタンプの制作・販売に乗り出したりするなど、参加クリエイターのジャンルも多岐に渡るプラットフォームとなっている。

 さらに、5月8日より審査が完了したスタンプ(クリエイターズスタンプ)の販売・購入を開始して以降、11月7日までの6ヶ月間で、クリエイターズスタンプ全体の販売総額は35億9,000万円、購入されたスタンプ総数は3,595万セットまでに拡大している(11月26日時点で販売中のスタンプ数は30,000セット以上)。

 スタンプごとの販売状況を見ると、販売金額上位のスタンプ平均販売額は、売上10位までの平均が3,680万円、30位までが2,360万円、100位までが1,300万円、500位までが460万円、1000位までが270万円となっている。

 一方、スタンプ1セットあたりの販売額比率では、11月7日時点で販売中のスタンプのうち40.8%が販売額1万円以上となるなど、販売額上位のスタンプ以外も広く購入・利用されており、優れた発想、アイデアを持つ個人のクリエイターが収益を得ることができることが明らかになった。

販売金額上位のスタンプ平均販売額(左)、スタンプ1セットあたりの販売額比率(右)
販売金額上位のスタンプ平均販売額(左)、スタンプ1セットあたりの販売額比率(右)

 なお、クリエイターが制作したスタンプはLINEによる審査を通過後、「LINE ウェブストア」またはLINE内スタンプショップにて販売・購入することが可能。スタンプ販売額のうち約50%がクリエイターに分配される。

【関連記事】
LINEのオンデマンドEC事業第一弾「LINE WOW」、渋谷エリア限定でソフトローンチ
住所を知らなくてもLINEの友だちにプレゼントを贈れる!「LINE ギフト」リリース
「LINE ビジネスコネクト」導入企業増加が広告事業の売上牽引か【2014年7-9月期LINE業績】
企業スタンプ欲しさに商品を購入した経験がある人は半数以上に【LINEスタンプに関する調査】
LINEの次なる戦略テーマは「LIFE」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング