SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TSUTAYAで買った雑誌の電子版が無料でダウンロードできる「Airbook」12月1日スタート

 TSUTAYAとBookLive!の総合書籍プラットフォームが、サービス第一弾として「Airbook」を12月1日にスタートする。「Airbook」は、全国のTSUTAYA対象店舗で、Tカードを提示して書籍を購入すると、自動的に購入した書籍の電子版がダウンロードされ、PC、スマートフォン/タブレット、電子書籍専用端末で無料で楽しむことができる。

 サービス開始当初、対象となるのは20社の雑誌53誌で、『MEN'S NON-NO』『Seventeen』『週刊東洋経済』『ダイヤモンドZAi』『オレンジページ』『ROSSO』『CasaBRUTUS』『週刊サッカーダイジェスト』『るるぶ』などが含まれる。今後は対象誌を拡充しつつ、書籍への拡大も検討する。

 電子版の提供は、今年6月に業務提携で合意した株式会BookLiveの電子書籍サイト「BookLive!」を通じて行なわれる。初回利用時のAirbookサービス設定には、「Yahoo! JAPAN ID(Tカード番号登録)」と「BookLive!会員」の登録および連携が必要。2回目以降はTカードを提示して対象誌を購入すると、自動的に本棚に表示される。

【関連記事】
代官山蔦屋書店、ビッグデータとGoogle Glassを組み合わせた体験イベントを開催
TSUTAYA、2013年書籍・雑誌の年間販売額が過去最高の1,130億円に
ハースト婦人画報、スタバのドリンクチケットに電子雑誌を添えて贈るギフトを展開
NTTソルマーレ、店舗・施設で電子コミックを読める「シーモアBOOKSPOT」の提供を開始
CCCグループとAirbnbがコラボレーション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング