MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ロックオンが分析レポーティングサビスを開始、アドエビスは「計測・分析・教育 ・サポート 」を実現へ

2015/01/14 11:00

 ロックオンは、分析レポーティングサービスをリリースした。広告効果測定システム「アドエビス」を提供する同社は、これまで計測データの分析ニーズには個別対応をしてきた。デバイスの多様化やマーケティング手法の複雑化や、運用型広告の高度化に伴う分析需要の増大を背景に、今回正式メニューとして提供するに至った。また、同サービスのリリースにより、アドエビスは「計測・分析・教育・サポート」が揃ったマーケティングソリューションとなる。

 同サービスでは、サイトに訪問しているユーザーの行動・特徴を可視化する「曜日×時間別ヒートマップ」、広告群に対する予算配分を判断できる「B.C.G.」、ビュースルーの概念も含めてクリエイティブの評価を行う「ビュースルーサマリー」をはじめ、ユーザーの課題に合わせた豊富な分析が提案される。

曜日×時間別ヒートマップ(左上)、B.C.G.(右上)、ビュースルーサマリー(下)

 料金プランは、ライトプラン(16万円~)とスタンダードプラン(32万円~)の2種。あわせて、更に高度な分析に対応した「エビスファイブ」などのカスタマイズプランもご用意されている。

【関連記事】
ロックオン、広告効果測定システム「アドエビス」をコアとしたプライベートDMPをライオンに提供
ロックオンがエム・データと連携、 自社CMだけではなく全TV放送実績データを含めた分析が可能に
オールアバウトとロックオンが業務提携、閲覧者の「愛着心」や「思い入れ」を可視化する分析を開始
ロックオン、「THREe」と「アドエビス」の連携強化、売上まで加味した間接効果の評価を可能に
ロックオン、5媒体のマーケ施策を包括的に分析する「エビスファイブ」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5