SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

坂本龍一らの音楽著作権管理会社JRC、放送分野の著作権管理に参入

 ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)は、今年4月から放送分野における音楽著作権管理に参入する。管理開始時における管理作品は、浜田省吾(「J.BOY」「光と影の季節」他、スピッツ(「チェリー」「君が思い出になる前に」他)、坂本龍一(「energy flow」「TECHNOPOLIS」他)らの作品を中心に約1200曲。今後も新曲を中心に管理作品数を増やしてゆく予定だ。

 JRCではこれまで、「録音権(CD/DVD などへの録音)」と「インタラクティブ配信(楽曲ダウンロードなど)」における管理を行ってきた。今回の参入は、放送事業者による「見逃しサービス」や「放送番組のネットへの同時再送信」などが増加する「放送と通信の融合」が進む現状に対応し、最新テクノロジーを活かした新しい時代の著作権管理のルール作りを推進するため。

 また、放送分野における著作権管理に関しては、他の管理事業者における裁判が継続するなど、混沌とした状況が続いているが、JRCの参入によって著作権管理事業全体の透明度を上げ、安心して多くの音楽作品を使用できる環境作りに邁進してゆきたいとしている。

【関連記事】
ネット配信時代の音楽著作権管理会社JRCが、YouTubeと著作権の利用許諾契約を締結
JASRACら第三者機関を設立、楽曲データベースを構築して音楽配信の著作権処理を軽減
JASRAC、個人ブログ等における歌詞掲載利用の許諾条件を公開
ニコニコ動画、海外の楽曲についてもJASRACと利用許諾契約の締結へ
ソニーとSpotifyがプレイステーションで新たな音楽サービス、「ミュージックアンリミテッド」は終了

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/16 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21939

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング