SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユーザーがよく使うアプリは?米国はSNSカテゴリ、日本はLINEがトップに【App Annie調査】

 App Annie(アップアニー)は、iOSとAndroidアプリの利用状況を分析した「2015年第1四半期アプリ利用状況レポート」を発表した。同レポートから、モバイルの主要市場(米国、日本、韓国、イギリス、ドイツ等)におけるユーザーの行動(アプリの利用率、接触時間、接触頻度等)やアプリ利用状況が明らかになった。

ユーザーがよく使っているアプリのジャンルは?日本ではLINEがトップに

 日本を含むモバイル5大市場(米国、日本・韓国・イギリス・ドイツ)のすべてで、「通信」および「ソーシャルネットワーク」カテゴリーのアプリはAndroidスマートフォンセッション数の40%を占めた。米国のソーシャルネットワークカテゴリへの傾倒に比べ、日本は、メッセージングアプリがより利用される傾向があり、月間アクティブユーザー数によるiOSトップアプリではLINEが1位を獲得した。

日本のユーザーあたりのゲームプレイセッション時間は、米国の約4倍に

 モバイルゲームのプレイ時間が長い市場は、日本と韓国が他の3市場(米・英・独)を圧倒していた。日本は米国に比べゲームアプリのAndroidスマートフォンユーザーが利用した平均月間ゲームセッション数は、米国の約3倍、利用時間は約4倍であった。iOS App StoreとGoogle Playにおける収益の90%以上がゲームアプリから来ており、タブレットがゲームセッション時間でスマートフォンを25%上回っていることもわかった。

データ使用料が最も多いカテゴリは「メディア&動画」/YouTubeは5大市場全てで首位に

 韓国と日本が、2015年第1四半期のモバイル(および全体の)データ使用量で首位に立った。日本では、Andoroidスマートフォン上におけるユーザーあたりのモバイルデータ使用量が米国よりも約35%多くなっていた。データ使用量が最も多かったカテゴリは「メディア&動画」で、なかでもYouTubeは今回調査した5大市場すべてで首位であった。

【関連記事】
テレビCMを見てアプリをダウンロードした人は約15%【MMDLabo調査】
ゲームアプリの利用、若年層でやや減少傾向も35歳以上で増加中【セガネットワークス調査】
スマホ版ヤフーのトップページ&アプリが刷新!新たな広告メニューをリリースし、収益拡大を目指す
ゆめみ、スマホサイト・アプリの改善を支援するサービス「ユーザーテスト」リリース
D2CとFringe81、スマホアプリを中心としたアドネットワークを共同構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/14 08:30 https://markezine.jp/article/detail/22433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング