SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

過去10年間でYouTubeで最も話題になったミュージックビデオは?日本はAKB48がトップに

 2005年にサービスを開始して、今年で10周年を迎えた「YouTube」。現在では月間10億人が訪れ、1分間に約300時間分の動画がアップロードされるコミュニティへと成長している。

 この10年の間にアップロードされたすべての動画の中で、世界中で最も再生回数を集めたのは、Psyの「Gangnam Style」、2番目はJustin Bieberの「Baby ft. Ludacris」と、いずれも人気のミュージックビデオだった。そして過去10年の間で日本で最も話題になったミュージックビデオは、AKB48の「ヘビーローテーション」だった。

【過去10年の間で日本で最も話題になったミュージックビデオTop10】
1、【MV】ヘビーローテーション/AKB48[公式]
2、『アナと雪の女王 MovieNEX』レット・イット・ゴー~ありのままで~/エルサ(松たか子)<日本語歌詞付 Ver.>
3、【妖怪ウォッチ】ようかい体操第一
4、【MV】恋するフォーチュンクッキー/AKB48[公式]
5、SEKAI NO OWARI「RPG」
6、少女時代 / MR.TAXI(DANCE VER.)
7、【MV】 ポニーテールとシュシュ/AKB48[公式]
8、PSY - GANGNAM STYLE (강남스타일) M/V
9、【MV】 Everyday、カチューシャ/AKB48[公式]
10、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE /「R.Y.U.S.E.I.」Music Video
※2005年のサービス開始から 2015 年 5 月 1 週目までに公開されたミュージックビデオの中から、日本国内における再生や共有の回数、コメント、評価などの数値を基準に選出。

【関連記事】
朝日新聞社がYouTube等と提携、動画・生放送キュレーションサービス「eeny」をスタート
BtoC編ブランドランキング、セブン-イレブンが首位に~YouTube、日清食品が追随
UUUMがYouTuberタイアップ動画の効果検証を実施、ブランド好感度が非視聴者より50%高い例も
3大動画サービス「YouTube」「ニコ動」「GYAO!」の利用動向の違いは?【ニールセン調査】
リンクシェア・ジャパン、YouTuberと連携したオリジナル広告メニューを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング