SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビッグ・データを実際に活用している日本企業はわずか6%【ガートナー調査】

 ガートナー ジャパンは、5月25日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表した。その結果、ビッグ・データに対する認知度は約9割に上り、約3割の企業が関心を示しているものの、実際にビッグ・データを活用している日本企業は6%という結果に。一部の企業を除き、取り組みがほとんど進んでいないことが明らかになった。

 同社は、2011年よりビッグ・データに関する調査を実施している。2011年から2013年にかけては、ビッグ・データを「よく知っている」「ある程度知っている」「多少知っている」と回答した企業の割合が、毎年大幅に増えていたが、2014年の結果では2013年と比較して、認知度、関心度共に大きな変化は見られなかった。また、依然として過半数の企業がビッグ・データを「IT企業のはやり言葉として冷静に見ている」ことも明らかに。一方、ビッグ・データへの取り組みを進める上での阻害要因と取り組み状況について質問したところ、48%の日本企業が、最大の阻害要因は「ビッグ・データから価値を得る方法が分からない」ことであると回答した。

【調査概要】
2014年11月にガートナーが国内の企業に実施した本調査は、ユーザー企業のIT部門のマネージャを対象にしたもの。対象企業の業種は全般にわたり、有効回答企業数は703件。

【関連記事】
意外に低い?ビッグデータの分析・活用に取り組む企業は3分の1程度【IMJ調査】
フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析
ぐるなび、加盟飲食店向けにビッグデータをもとにした「行動ターゲティングバナー」を販売
アトラエとブレインパッド、ビッグデータ解析と人工知能を活用した採用サービス展開へ
ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤に「SAP InfiniteInsight」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング