SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

日本一のエバンジェリスト・西脇資哲さんが秘蔵のプレゼン術を披露――『新エバンジェリスト養成講座』刊行

 日本マイクロソフトのエバンジェリスト、西脇資哲さんの『エバンジェリスト養成講座』が4年ぶりに内容を大幅に進化させて帰ってきました。『新エバンジェリスト養成講座』は、進化した西脇さんのプレゼンテクニックがこれでもかと詰め込まれた必読の1冊。日々のプレゼンは基礎を学べば、成功します。

新エバンジェリスト養成講座

Amazon SEshop その他

新エバンジェリスト養成講座

著者:西脇資哲
出版社:翔泳社
発売日:2015年10月13日(火)
定価:1,600円(税別)

目次

  • Introduction
  • Chapter1 プレゼンテーションって何?
  • Chapter2 シナリオを作る
  • Chapter3 スライド作成のヒント
  • Chapter4 魅力ある話し方
  • あとがき

 どんな業界、どんな職種でも、新しく仕事を始めようとしたらプレゼンは避けられません。展示会やイベントに参加するのであれば大勢を前に、会議室であれば相手と間近で、自信をもって熱弁を振るわなければなりません。

 プレゼンが苦手な方はとても多いようです。大勢の前で話すなんてもちろんのこと、会議室で一語一語をチェックされながら話すのも耐えがたい。次の仕事や企画を始められるかどうかは、そのプレゼンにかかっているにもかかわらずです。

 ですが皆さん、ご安心ください。日本一のエバンジェリストが教えるプレゼンテクニックを丁寧に解説した『新エバンジェリスト養成講座』が翔泳社から10月13日(火)に刊行されました。

 本書はプレゼンのプロであるエバンジェリスト、西脇資哲さん(日本マイクロソフト)の大人気講座「エバンジェリスト養成講座」の内容をまとめた1冊です。2011年に同名の前著が刊行されてから4年、西脇さん自身も進化し、大幅に内容をレベルアップしての登場となりました。

 読み始めて数分で認識をずばっと改めさせられるのは、プレゼンの目的が「伝えること」ではなく、「相手を動かすこと」であるということです。また、池上彰さんを例にした視点誘導のテクニックは見逃せません。ほかにもあたかもお客さんと双方向の会話をしているかのような一体感を演出する方法など、プレゼンの極意が解説されています。

 そして大事なことは、それらのテクニックは「日常のプレゼン」に活かすためのものだということ。TEDのような大舞台でプレゼンする機会は、普通ないからです。スティーブ・ジョブズを目指してはいけないと西脇さんもおっしゃいます。

 日本一のエバンジェリストが惜しげもなく披露したテクニックの数々、プレゼンに苦手意識を持つ方にこそ身につけていただきたいと思います。基礎を学べば、誰でもプレゼンを成功させられるのです。

 後日公開予定のインタビューもお楽しみに。

※ちなみに西脇さんのプレゼンはこちらでご覧いただけます。

新エバンジェリスト養成講座

Amazon SEshop その他

新エバンジェリスト養成講座

著者:西脇資哲
出版社:翔泳社
発売日:2015年10月13日(火)
定価:1,600円(税別)

目次

  • Introduction
  • Chapter1 プレゼンテーションって何?
  • Chapter2 シナリオを作る
  • Chapter3 スライド作成のヒント
  • Chapter4 魅力ある話し方
  • あとがき

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング