SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「はじめての録音はちょっと緊張しました。」 音声投稿コミュニティ「こえ部」に入部希望者続出?

 カヤックがオープンした「こえ部」は、誰でも音声データを投稿・公開することができる音声投稿コミュニティ。また、無料の部員(=ユーザー)として登録を行うと、気になる部員をお気に入りに登録し、新着の「こえ」のお知らせを受け取ったり、コメントの履歴を残したり、といった便利なマイページを使うことができる。

 「こえ部」のサイトでは、「元気になれる言葉をください」、「告白のせりふは?」、「“バカッ”」などのお題に対して、部員が録音した声を次々に聞くことができる。

「こえ部」のトップページにある、録音・再生ツールを使って投稿することができる。

 音声の録音に必要なのは、マイクとブラウザとFlash Player 9だけで、録音ソフトのインストールなどは必要ない。「こえ部」では、音声の録音・再生機能を、FlashとJavaScriptを使って実現しているからだ。部員は、ブラウザ上に設置された音声レコーダーによって、簡単な音声録音を行うことができる。

 「こえ部」は登録された声を再生できるブログパーツも配布するほか、声優を育成する教育機関や、アニメ業界、演劇業界など、「こえ」に関連する企業・団体との提携を進め、プロ声優への“登竜門”サイトを目指すとしている。

【関連リンク】
プレスリリース:「『声』の共有が出来るコミュニティサービス「こえ部」をリリース」
こえ部
「オドロキのなめらかさ、「音声で読む」NTT出版のWebマガジン」
「2008年はブログも動画があたりまえ! ビデオブロガーイベント「動画人 JAPAN 2008」開催」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/18 12:35 https://markezine.jp/article/detail/2365

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング