SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インスタグラム、時系列でのコンテンツ表示を取りやめ 関心度順での表示に変更へ

 インスタグラムは3月15日(米国時間)、従来の時系列順から、利用者の関心度が高いコンテンツから順に表示するフィードの運用を試験的に開始した。

 同社によれば、現在利用者のほとんどがフィード上の70%のコンテンツを見逃している。その理由としては、インスタグラムのコミュニティの急激な成長がある。コンテンツ量も増加し、すべての写真や動画を閲覧することが難しくなった。その結果、利用者が関心のある投稿を見過ごしている可能性もあるため、今回新たなフィードの運用を始めるに至った。

 新しいフィードでは、表示の順序を投稿者との関係性や投稿のタイミング、関心度が高いと思われるコンテンツの内容などに基づいて決定する。また、コンテンツは整理・最適化されるが、関心の低い投稿は削除されるわけではない。そのため、利用者は従来通り投稿されたすべてのコンテンツを見ることができる。

 同社では、今後も新フィードの試験的な運用を続け、ユーザーの反応を見ながら機能改善を続け、数カ月以内に順次利用可能にしていく予定。

【関連記事】
インスタグラム、動画の再生回数表示を開始
インスタグラムの広告主、全世界で20万を突破
Vineの認知度は3割に満たず/インスタグラム・ツイキャスの認知度は約4割【MMD研究所調査】
C Channel・トランスコスモス等、 Facebook向けネイティブ動画広告サービスで提携
シニアのスマホ売上が約8割も増加!SNSで高齢者と若者が交流する仕組みを生み出した取り組み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング