SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberBull、動画広告制作用に撮影スタジオをオフィス内に開設~撮影場所確保の時間と手間を短縮

 サイバーエージェントの連結子会社で、動画広告に特化した広告代理事業を行うCyberBullは4月25日、オフィス内に動画広告の制作に特化した撮影スタジオをオープンした。

 同社は複数パターンの動画広告の制作からクリエイティブテスト、効果検証後の広告配信までのPDCAを実現するソリューションパッケージ「HAYABUSA(ハヤブサ)」を提供。そして、これまでに制作した動画広告は延べ 1,500 本に至る。

 今回のスタジオ開設は、撮影場所確保の時間と手間を大幅に短縮し、動画広告に使用するための動画素材が豊富ではない広告主に対し素早い撮影を実現するため行われた。

 スタジオは2つ用意され、広告主のニーズに合わせて、床の色や家具の配置が自由にカスタマイズできる。また、別途ナレーションブースも用意されている。

【関連記事】
CyberBull、動画広告のPDCAサイクルを短期化するサービス「HAYABUSA」を提供開始
サイバーエージェント、動画広告に特化した広告代理事業会社「CyberBull」設立
ソフトバンクとマイクロアドが資本・業務提携 スマートデバイス向け広告サービスの開発へ
AI動画広告「App-CM」が大幅アップデート~DMP連携したターゲティング、媒体別の配信設定可能に
有料ネット動画の利用率は1割程度/約5割が「数秒後にスキップできる動画広告」を許容【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/25 11:30 https://markezine.jp/article/detail/24344

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング