MarkeZine(マーケジン)

記事種別

神戸デジタル・ラボとキリン、自動販売機データ活用した購買行動シミュレーション実施

2016/04/26 09:00

 神戸デジタル・ラボは、キリン提供の自動販売機データをもとに、製品化を進めている購買行動シミュレータを用いて、「自動販売機のデータから生成した関心モデルによる購買行動シミュレーション」の実証実験を実施した。

 結果、実データと比較して妥当なシミュレーション結果が得られ、また本シミュレータにより生成される「関心モデル」によって、消費者の商品に対する関心を可視化することに成功した。

 同実験結果から、購買行動シミュレータにより商品を変更した場合や新商品を入荷した場合のシミュレートが可能であること、また個々に異なる消費者の関心を可視化できることが実証された。これにより、例えば商品ラインナップの検討や翌月のシミュレーションに基づく在庫の管理などへの本シミュレータの活用が期待できる。

購買行動シミュレータとは

 購買行動シミュレータとは統計データや実行動ログデータから自動的に生成する「関心モデル」によって、個々に異なる興味・関心を持つ消費者の仮想の行動ログデータを必要人数分生成し、購買行動をシミュレーションできるソフトウェアです。「関心モデル」とは、商品やサービス、場所等への関心の度合いを数値化したもの。

購買行動シミュレータ
購買行動シミュレータ

 従来のシミュレータで用いる行動モデルのように条件や確率などのルールを決めることなく行動をシミュレーションできるため、状況によって変化する人の行動をシミュレーションできる。

 同実験は、自動販売機の購買データを元に、同シミュレータを用いて購買行動をシミュレーションした結果を実際の購買データと比較し、妥当性があるかどうかを検証したもの。

 キリンが保有する2015年7月の自動販売機の購買データから関心モデルを生成し、それを元に同月の購買行動、および翌月の購買行動をシミュレーションし、シミュレーション結果による購買データを実際の購買データと比較したところ、どちらも誤差は概ね2%以内に収まり、妥当性があると言える結果が得られた。

上:2015年7月の購買データによる同月シミュレーション結果と、実際の商品売り上げ本数の割合の比較、
下:同年7月購買データによる8月の商品に対するシミュレーション結果と、実際の8月の売上本数の割合の比較
上:2015年7月の購買データによる同月シミュレーション結果と、実際の商品売り上げ本数の割合の比較、下:同年7月購買データによる8月の商品に対するシミュレーション結果と、実際の8月の売上本数の割合の比較

 また、2015年7月のある自動販売機の購買データを元に、個々の消費者の各商品に対する関心度を算出したところ、消費者ごとに異なる「商品に対する関心の度合い」が可視化された。これにはまだ購入したことのない商品への関心も含まれており、人の潜在的な関心を可視化できることを実証する結果となった。

関心のイメージ図
関心のイメージ図

【関連記事】
KDL・京大・電通大等、駐車場の行動履歴を活用して最適な情報を配信するIoTシステムの取組み開始
キリン、LINE ビジネスコネクト活用した「自撮り写真提供機能付き自動販売機」を展開
コカ・コーラ、スマホアプリと連動した自販機でのロイヤリティプログラムを展開
インスタグラム、時系列でのコンテンツ表示を取りやめ 関心度順での表示に変更へ
イベントへの関心高いユーザーに広告配信~フリークアウト、イベントレジストと協働

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5