SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最短最速で繁盛店へ!ドロップシッピング超攻略講座

コンバージョンレートをアップさせる手順とポイント


前回まではわかりやすく買いやすいページを作って(第7回) 、効率的に広告を出稿して稼ぎましょう(第6回) という説明をしてきました。主に広告の出し方と、広告から誘導する先のページをメインで説明してきましたが、今回はサイト全体を改善する方法を説明します。手順に沿って説明していきますので、読みながらサイトをチェックしてみてください。【バックナンバーもどうぞ! 】

サイトのどのページが悪いのか調べる

 サイトを改善する際に、手当たり次第にページを修正していくのは、時間のロスです。稼ぐためには、いかにポイントを押さえて効率よくサイトを作成、改善するかが重要となります。まずはサイトのどのページに問題があるのかを調べましょう。そして、アクセス解析を使って、どのページがよく見られているのかを確認しましょう。

 Google Analyticsで目標の設定を行うと、コンバージョンに到達する前のどの時点で、お客様がページを離れてしまっているかが把握できます。無料で使うことができますので、是非導入してしてみてください。以下は、目標設定機能を活用するための手順です。

レポートビュー⇒コンバージョン⇒目標到達プロセスで結果を確認できます

 目標到達プロセスの結果を見て、どこでお客様がページを離脱しているのかを見つけましょう。極端に離脱率の高いページには問題がありますので、修正していきます。

 なお、もしもドロップシッピングではショッピングカートのページはドメインがmoshimo.comになっていますので、最後まで計測することはできません。もしものスタッフが日々コンバージョンレートを上げるための改善を続けています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
問題点を把握してページを修正する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最短最速で繁盛店へ!ドロップシッピング超攻略講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

毛塚 智彦(ケヅカ トモヒコ)

株式会社もしも 取締役 マーケティング最高責任者 早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。 株式会社もしもにて、もしもドロップシッピングのマーケティングと新規事業を担当。得意分野はインターネットマーケティング。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/15 11:56 https://markezine.jp/article/detail/2459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング