SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若年層のニーズ「動画はスマホ」に対応!スマートニュース、C CHANNELチャンネルを開設

 スマートニュースは、7月20日、同社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」において、「C CHANNEL」チャンネル(提供元:C Channel)を開設した。これにより、ユーザーはSmartNews上でC CHANNELの人気投稿動画を楽しむことができる。

 C CHANNELは、元LINEの森川亮氏が2015年4月に立ち上げた動画ファッションメディア。スマートフォンに最適化された“縦長動画”が特徴。「クリッパー」と呼ばれる約300名の現役タレント・モデルによるヘアメイクやパーティーメニュー/ダイエットメニューの裏技・ハウツーをわかりやすく紹介し、若い女性を中心にユーザを増やしている。

 2016年3月にMMD研究所が発表した調査結果によると、10〜30代のスマホユーザにとって動画アプリは、SNS、ゲームに次いでよく利用するアプリとなっており、スマホで動画コンテンツを楽しむスタイルが定着しつつある。中でもC CHANNELが得意とする1分間のハウツー動画は、女子が憧れるかわいいライフスタイルを実現するコンテンツとして人気を博しており、2016年4月には月間動画再生回数が1億回を突破し年内5億再生に届く勢いだ。こうした若い世代のスマホユーザの期待に応えるべく、この度の取り組みに至った。

【関連記事】
ファイブとチューブモーグルが連携~「C CHANNEL」へビデオ広告在庫配信スタート
MixChannel、アプリを全面リニューアル~新広告メニューも追加
C Channel、 EC事業を開始~第一弾は速水もこみちのキッチングッズ販売
スマートニュース、日本政策投資銀行をリードとする総額38億円の資金調達を実施
SmartNews、より効果的な広告配信を実現する「ユーザー定義オーディエンス」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/20 12:00 https://markezine.jp/article/detail/24851

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング