SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

一般ユーザーも「LINE LIVE」でライブ配信可能に~近日中のアップデートで実現

 LINEは近日行うアップデートで、ライブ動画配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」において一般ユーザーへライブ配信機能を開放し、コミュニケーション機能を拡充する新機能を追加することを発表した。

 LINE LIVEでは、2016年8月2日までに300名を超えるアーティスト・タレントによるライブ配信など、様々な番組が配信されてきた。次回のアップデートでは、LINE IDがあれば誰でも簡単に「LINE LIVE」でライブ配信ができるようになる。

 また、今回のアップデートの大きな特徴として、ライブ配信が終了した時点の視聴者数、コメント・ハート数など配信結果に応じて、「LINE LIVE」が定める算定方法に従い、配信者に「LINE LIVE」からボーナスが付与されるようになる。盛り上がった配信ほど付与されるボーナスが増加し、配信者の次回配信へのモチベーションを高めることによりサービスの活性化を図る。

 さらに、コミュニケーションを拡充する新機能として有料コンテンツ「ギフトアイテム」が登場。これは、視聴者から配信者に送ることができ、従来視聴者が面白い・楽しい・共感といった好意を示す際に送っていた「ハート」に比べ、格段に強化された演出で、配信画面を華やかに彩ることができるコンテンツ。これにより、視聴者は自分の気持ちをより強く表現でき、多彩なコミュニケーションの実現が可能となる(ギフトアイテムもボーナス付与の算定対象)。

 加えて、視聴者と配信者とのコミュニケーションを促進する機能として、顔にアニメ―ションの加工を施す約50種類の「LIVEスタンプ」を搭載。より簡単に配信を盛り上げることができるようになる。

【関連記事】
LINE NEWS、月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破~若年層を中心に浸透
中学生のスマホ所有率、40.9%に/一番使ってみたかったのは「LINE」【MMD研究所調査】
「LINEバイト」が利用実績を公開、ユーザーの6割が10~20代/LINEからのバイト応募が8割
パケ死を気にせず番組視聴! LINE LIVEが「データ節約」機能を追加、データ量90%以上カット
LINE LIVE、延べ視聴者数の累計が1億人を突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/02 18:00 https://markezine.jp/article/detail/24945

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング