SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結~地域課題の解決を目指す

 LINEと、東京都渋谷区は行政サービスのIT化/高度化を通じた地域課題の解決に向けて、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結した。今後、同協定を通じて、LINEを通じた行政サービスのオンライン化をはじめ、LINEを活用した様々な取り組みを行っていく予定。

 なお、具体的な協定内容は、以下6つの領域にて構成されている。

  1. ソーシャルメディアコミュニケーション領域:LINEを使った様々な行政サービスを目指す
  2. リテラシー教育領域:区内の小中学校に向けた様々なリテラシー教育の実施を目指す
  3. 電子商取引領域:様々なサービスをオンライン上で予約・支払いできるキャッシュレスな環境の実現を目指す
  4. シェアリングエコノミーサービス領域:様々なシェアリングサービスの実現を目指す
  5. 区役所職員のワークスタイル:区役所職員のワークスタイルの改革への協力
  6. 人的交流:両者の人材開発や研修プログラムによる交流を目指す

 同取り組みを通じ、例えば、LINEを使った行政サービスとして、妊婦向けに出産予定日や胎児の週数に応じて必要な検診をLINEで通知したり、自宅からLINEを通じて気軽に行政サービスに関する相談ができたり、といった環境作りを目指す。

【関連記事】
富山県南砺市とUber Japanが協定を締結、高齢化・過疎化エリアの移動利便性の向上を目指す
ヤフーとソウルドアウト、業務提携・資本提携を開始~地方や中小企業向けサービスの提供目指す
一般ユーザーも「LINE LIVE」でライブ配信可能に~近日中のアップデートで実現
LINE NEWS、月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破~若年層を中心に浸透
中学生のスマホ所有率、40.9%に/一番使ってみたかったのは「LINE」【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/04 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24957

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング