SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TUNE、複数のスマホ広告キャンペーンのデータを統合し、ROASを自動測定するソリューション提供

 モバイル効果測定ソリューションを提供するTUNE(チューン)は、スマートフォン(以下、スマホ)アプリを提供する広告主や広告代理店のマーケターに向けて、複数の媒体で展開したスマホ広告キャンペーンのデータを統合し、自動的にROAS(Return On Advertising Spend:広告費用対効果)測定できるソリューション「Multiverse(マルチバース)」の提供を開始する。

 同ソリューションは、マーケターが広告配信プラットフォーム経由で実施した広告キャンペーンの広告費などの「広告パートナー・データ」と、スマホ広告の広告効果測定ツールから取得する「アトリビューション・データ」を統合して、広告キャンペーンの ROASを自動で測定する。

 「広告パートナー・データ」は、Google AdWords、Twitter Ads、Facebook 広告など100以上の広告配信プラットフォームのデータを活用できる。また、「アトリビューション・データ」は、複数の広告効果測定ツールからデータを取得できる。

 なお、同リューションの利用には同社が提供するスマホ広告効果測定ツール「Attribution Analytics」の利用が必要。

【関連記事】
CyberZ、スマホ広告向け効果測定ツールとbeacon領域ネットワーク「SWAMP」を連携
フリークアウトの「Red」、スマホアプリの新規獲得、リエンゲージメント広告配信機能を追加
電通、GoogleとSupership、Teadsの3社とスマホ向けPMPを開発
トランスコスモス、AMPとPWA対応の専門開発チームを新設~スマホでのユーザー体験の向上を支援
電通など4社、スマホアプリのログから実店舗までのデータを統合し、LTV最大化を実現するCRM開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/30 09:30 https://markezine.jp/article/detail/25089

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング