SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK、リアルに人を動かすインストア・ソリューションの専門チーム「ADKショッピング・ハックス」発足

 アサツー ディ・ケイ(以下、ADK)は、社内に蓄積してきたインストア・コミュニケーションの知見を集め、デザイン思考でクライアントの課題を解決するコンサルティングチーム「ADK SHOPPING HACKS(ADKショッピング・ハックス)」を発足した。

 ライフスタイルの多様化により消費者へのアプローチが難しくなる一方で、買い物客の8割が売場で最終的な購買の意思決定をしている(※1)とのデータもあり、コミュニケーションの最終帰結点である店舗がますます重要になってきている。

 同チームでは、買い物の現場で効率よく消費者を捉える(ハックする)ために、デザイン思考に基づく消費者を動かすアイデア開発→実店舗による効果検証→ブラッシュアップという仕組みによって、課題解決を目指す。

 なお、開発・提案にあたっては3つの仮説を出発点としており、チーム発足にあわせ、3つの仮説から発案した実験アイデアを、公益財団法人流通経済研究所と実験。次の効果が出ている。

クリックで拡大します
クリックで拡大します

 ※1:公益財団法人流通経済研究所(2016)「インストア・マーチャンダイジング<第2版>」日本経済新聞社より

【関連記事】
ワンストップでマーケティングサービスを提供!ADK、新会社「アブソルートワン」設立
クリエイターズマッチ、アブソルートワンと業務提携~スピーディなABテスト実現に貢献
ウェブクリエイティブの制作発注とABテストの一元化を実現!ADK、「ABsolute one」を発表
ADK、動画マーケティングのグローバルネットワーク「Sticki」始動へ
日本ケンタッキー・フライド・チキン、オプト協力のもとデータ統合マーケティングを推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/13 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング