SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、共働き世帯の父親をターゲットとする研究チーム「パパラボ」を発足

 電通は、夫婦が働きながら子育てをする世帯の父親(以下、「共働きパパ」)の研究およびその家族をターゲットとする企業向けのソリューションを開発していくため、10月20日付で研究チーム「パパラボ」を立ち上げた。

 パパラボ発足の背景には、夫婦が働きながら育児をする世帯の増加にともない、父親が積極的に育児・家事に参加する機会が着実に増えている事実がある。「共働きパパ」は購買力が高く、家族消費の決定権を持つなど、マーケティングターゲットとして無視できない魅力的な存在になってきた。

 同社の独自調査でも、「共働きパパ」は平日・休日共に家事・育児を積極的にこなし、子どもの教育にも積極的に関与していることがうかがえる。また、子どもの教育にはお金を惜しまない、買い物では値段が高くても品質を重視、といった特徴があることも調査から判明している。

 今後、パパラボでは独自のインサイトを活用し、企業向けのソリューションとして「共働きパパ」とその家族向け商品の開発やマーケティング活動の支援を行っていく。また、母親視点から企業のマーケティング活動を支援するチーム「ママラボ」で培ってきた知見・ノウハウとの相互連携により、家族をターゲットとする新たなソリューション開発も進めていく。

【関連記事】
博報堂買物研究所、ミレニアル世代の家族消費を洞察~みんなで買物・選択時の迷いを嫌う
トレンダーズ、食領域に特化したインスタグラムマーケティング専門部署「#デリラボ」設立
10代女子向けマーケティング成功事例や分析データを掲載!「マイナビティーンズラボ」オープン
博報堂、「九州しあわせ共創ラボ」を発足~「これからのしあわせ」を九州の人々と共に発想
電通宇宙ラボ、アクセルスペースと「宇宙ビッグデータ」を活用したビジネスを始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/21 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25456

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング