SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「新しい知識や面白い情報を得るため」にPC利用は11Pt減、スマホ利用は11Pt増【ニールセン調査】

 各デバイスの利用目的の上位を見ると、パソコンでは1位が「必要な知識・情報を得るため」、2位が「新しい知識・情報や面白い情報を得るため」という情報収集関連、3位には「商品やサービスを購入するため」とショッピング関連の目的が続いた。

各デバイスの利用目的TOP5 2016
各デバイスの利用目的TOP5 2016

 一方、スマートフォンでは「家族や友人・知人とコミュニケーションするため」、「写真や動画を撮るため」、「空いた時間を埋める」といった目的が上位になっている。また、タブレットでは1位と3位はパソコン同様に情報収集目的の利用だが、2位が「動画や映像、音楽、ゲームなどのエンタメを楽しむため」となっている。これらの上位は2014年の調査から変わらず、各デバイスの利用目的が定着してきたことがうかがえる。

 過去2年との比較で利用目的の順位に変化は見らなかったが、それらの目的で各デバイスを利用する人たちの割合は変化している。たとえば、パソコンの1位と2位の情報収集を目的として利用する人の割合と、スマートフォンで同様の目的で利用する人の割合を過去3年分比較すると、パソコンでは、情報収集の目的は減少し、スマートフォンでは増加していることが分かる。

 特に「新しい知識・情報や面白い情報を得るため」ではパソコンで11ポイント減に対し、スマートフォンで11ポイント増となっている。また、その利用率自体でもパソコンとスマートフォンが逆転している。

パソコンとスマートフォンの利用目的 時系列
パソコンとスマートフォンの利用目的 時系列

 次に、ショッピング関連についてデバイスごとの利用状況を見ると、閲覧、購入ともに最も利用されるのはパソコンで5割超利用されている。ただし、情報収集と同様にショッピングでも、パソコンのシェアが減少し、スマートフォンのシェアが増加していることが分かる。

オンラインショッピングで最も利用するデバイス 時系列
オンラインショッピングで最も利用するデバイス 時系列

 なお、図表にはないが、年代別にオンラインショッピングで購入する際に利用するデバイスを見ると、若年層はスマートフォンの利用率が高く、40代以上ではパソコンの利用率が高くなっている。

 大手EC関連サービスがどのデバイスから利用されているのかを見ると、いずれのEC関連サービスも男性の約7割がパソコンから利用しており、女性はスマートフォンがパソコンより若干高い利用率となっていた。また、どのサービスでも男性のほうが、パソコンとスマートフォンの両方から利用する割合が高くなっていた。

サービス別パソコンとスマートフォンの使い分け状況 2016年
サービス別パソコンとスマートフォンの使い分け状況 2016年

 同社エグゼクティブアナリストの中村義哉氏はこの結果に対して「企業はスマートフォンを中心とした情報提供が必須な状況は変わりませんが、パソコンを置き去りにすることもできないことを理解しておく必要があります。自社がターゲットとしている層をしっかりと見定め、その利用動向にあったコミュニケーションを設計していくことが重要であることが再確認されたのではないでしょうか」とコメントしている。

 【調査概要】
 Nielsen Digital Consumer Databaseは、2012年より継続調査が行われており、本年度の調査は2016年10月8日~10月9日にかけて実施され、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15歳(高校生)以上の男女、計2,975人を対象にしている。サンプル数は、上記4デバイスからのインターネット利用者の人口構成比によって割り当てられ、インターネットユーザーを代表するように割りつけられている。

【関連記事】
ソーシャルログイン利用者の約7割がモバイルユーザー/昨年より7.8Pt増加【フィードフォース調査】
スマホによる動画視聴、10代で「ほぼ毎日」が4割超【スイッチ・メディア・ラボ調査】
調査事業者向けユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」公開
2016年の動画広告市場予測、842億円に~スマートフォン向けが約7割【CA調査】
小売業者はスマホからのトラフィック増加による収益促進の機会を逸している【アドビ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/30 10:00 https://markezine.jp/article/detail/25703

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング