SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

話題の『マネキンチャレンジ』をPRに応用! ベルギーNPOによるALSチャリティー活動

 マネキンチャレンジといえば、今年世界で流行った動画の1つ。マネキンのように「動かなくなる」様子を巧みに活用して、スマートながら強く心に訴えかける動画がベルギーから発信されました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:ベルギー
 企業/ブランド:ALS Liga
 業種:非営利組織

止まることなく、前に進み続けるために

 今世界で大流行している「マネキンチャレンジ」をご存知ですか?

 マネキンのように静止した状態の人々を動画で撮影することで、今年の10月にアメリカの高校生たちがSNSに投稿した動画がきっかけで世界的ブームとなりました。

 このブームを受け、早速「マネキンチャレンジ」を取り入れたプロモーションもいくつか登場。中でも、ベルギーの非営利団体・ALS Ligaが制作した、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の理解促進と研究活動への募金を目的としたWeb動画が注目を集めています。

 場所はベルギーの研究所の一室。まるで時間が止まっているかのように、人々は微動だにしません。そんな静まりかえった室内をビデオカメラがゆっくりと捉えていきます。

 

 資料を見ながら話していたり、血液が入ったガラス管を手渡しする瞬間などなど。

 そして、映像の最後にはこのようなメッセージ。

Keep the research moving, and find a cure for this terrible disease called ALS.
(ALSの実験を、前へと“動かし”続けましょう! ALSという恐ろしい病気を治癒する方法を見つけるために。そのために寄付をお願いします。)

 “体が動かなくなる病”であるALSと、“全てが静止してしまう”マネキンチャレンジをリンクさせたからこそ生まれた心に響くコンテンツ。トレンドに乗っかる機転の良さと、繋がりを見つける着眼点の鋭さが光るケースでした。

動画はこちら

 

参照ページ

facebook/ALSLiga

先週の紹介キャンペーン

 人気インスタグラマーが衝撃告白! あなたもきっと騙される、驚きのInstagramPR

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング