SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版

【検索担当の自由研究】「東京タラレバ娘」が一番検索されるのはいつ? “検索”と“時間帯”のお話

 「スマートフォンで検索」は最早、しない日はない行動の一つでは? 今回は検索キーワードによって、検索される時間帯に変化があるのか? 調べてみたいと思います。この連載は、マーケティングにおけるモバイル・タブレット活用情報をお伝えする「D2Cスマイル出張版」です。

今日は「検索」と「時間帯」に関するお話です

 突然ですが、みなさんはどんな時にスマホで検索エンジンを使いますか?

 通勤電車の中、ランチ中、テレビを見ながら……生活の必需品として溶け込んでいるスマホなので、あらゆるシーンでの利用が考えられますね。あまりに使用頻度が高くて具体的に利用シーンが思い浮かばない方もいるかもしれません。

 そこで今回は、いちユーザーとしては意識することが少ないであろう「検索」と「時間帯」の関係性について、弊社広告掲載面であるNTTドコモ「dメニュー」での検索データから次のような切り口で、自由研究してみたいと思います。

  1. 検索のピークタイムはいつ?
  2. 曜日によって検索傾向って変わるの?
  3. キーワードによって検索される時間帯って変わるの?

検索のピークタイムっていつ? 曜日ごとの違いはあるの?

 下のグラフは、2017年2月のとある1週間での曜日×時間帯別の検索数推移を表現したものです。

曜日×時間帯別の検索数推移
曜日×時間帯別の検索数推移

 検索のピークタイムは、曜日を問わず20時~22時台にあることが一目でおわかりいただけると思います。この時間帯は曜日を問わず、自由な時間を過ごしている人が多く、検索数が増加しやすいことは納得しやすいのではないでしょうか。また、この時間帯はいわゆる「ゴールデンタイム」であり、テレビを見ながらの検索が増えやすいことも想定されます。

 一方で、平日と土日で顕著な違いが出るのが昼間の検索傾向です。平日は仕事の合間の昼休みにあたる12時台にのみ検索数が突出するのに対して、土日はピークタイムの夜間に向けてゆるやかに上昇していることがわかります。ここからは、スマホに触れることがないユーザーも土日には昼間から利用している、と想像されます。

「あのキーワード」が最も検索されている時間帯

 全体的な曜日別・時間帯別の検索傾向がわかったところで、キーワード単位に粒度を落として特徴的な傾向を見てみましょう。

「ニュース」のキーワード検索

「ニュース」の時間帯別検索推移
「ニュース」の時間帯別検索推移

 まずは「ニュース」を含むキーワード検索から。平日や土曜日は昼休みにあたる時間での検索数が全体平均よりも際立っており、夜のピークタイムに次ぐボリュームとなっています。スキマ時間に利用されるコンテンツの特性をよく表していますね。また土曜日も平日と同様に推移していることも、後述の他キーワードと比較して特徴的です。

「レシピ」「マクドナルド」のキーワード検索

「レシピ」「マクドナルド」の時間帯別検索推移
「レシピ」「マクドナルド」の時間帯別検索推移

 続いて「レシピ」を含むキーワード検索。夕食前の時間にかけてピークに近づいていく推移は、前述の全体傾向とは異なる動きながらキーワードの特性上納得のいく推移かと思います。

 食生活に関するところで、「マクドナルド」の検索傾向も調べてみました。平日はランチ・ディナーの時間帯の検索数が増える傾向を示す一方、土日のランチ時間帯は平日の約2~4倍の検索数を記録しています。土日のマクドナルドが家族連れで賑わっているイメージは持ちやすいと思いますが、検索傾向もそのイメージ通りに推移しています。

この連載は?
本連載はマーケティングにおけるデジタル活用情報を伝えるウェブメディア、「D2Cスマイル」の記事を、MarkeZine向けに再編集した出張版です。出典元はこちらです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
あの注目ドラマっていつ検索される? テレビと検索の深い関係

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

D2Cスマイル編集部(ディーツーシー スマイル ヘンシュウブ)

 株式会社D2Cが運営する、デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトです。D2Cの多岐に渡る事業担当者の知見を元に情報発信を行っています。D2Cスマイルはこちら

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/26189

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング