SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイト内検索のprobo、Google Site Search終了に伴うスムーズな移行をサポート

 ビジネスサーチテクノロジは、Googleが企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービス「Google Site Search」(以下、GSS)が2018年にサービス終了することを受け、「Google Site Search マイグレーションプラン」の提供を開始する。

 GoogleはGSSの提供を2018年に終了することを発表している。現在GSSを利用しているWebサイトは契約期間が終了すると自動的にGoogle AdWords広告付きの「Google カスタム検索」へと移行することになる。

 「Google Site Search マイグレーションプラン」は、GSSを活用している顧客に対して、ビジネスサーチテクノロジが提供するサイト内検索ASP「probo(プロボ)」へのスムーズな移行をサポートする。同社はproboへの移行を行うことで、サイト内検索でGoogle AdWords広告が表示されサイト離脱・機会損失が生じるのを防げるとしている。

【関連記事】
清水誠氏、ビジネスサーチテクノロジの社外CAOに就任
最もリツイートされたのは「くまモン」【ご当地キャラクターのSNS利用状況調査】
ご当地キャラ、時価総額1位はダントツでくまモン【ご当地ゆるキャラ人気ランキング】
膨大なツイートから有用な情報だけを抽出し、企業サイトで公開する「Twise 」
長崎県、公式サイトに検索連動型広告を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング