SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

黎明期から成長を続けるジーニーが語る、アドテクノロジーの古今東西

 昨今はアドブロックやアドフラウド(不正広告)などの問題が顕在化し、改めてネットでの振る舞いやアドテクノロジーのあり方が問われている。そこで、国内にアドエクスチェンジが登場した2010年に創業したジーニーの創業者、CEOの工藤智昭氏にインタビュー。アドテクノロジー黎明期から今日の趨勢を見てきた工藤氏に、アドテクノロジーの栄枯盛衰と未来について、MarkeZine編集長の押久保が話を聞いた。

アドテクノロジー混迷期に起業したジーニー

押久保:ジーニーは2010年4月に工藤さんが中心となって設立し、今日までに急成長を遂げてきました。アドテクノロジーの領域は、アドエクスチェンジにあわせてRTBの仕組みが誕生し、2011年からはDSPやSSPに関するニュースやトピックがMarkeZineでもよく出てきました。はじめに工藤さんには、アドテクノロジーについて振り返っていただきたいと思います。

右:株式会社ジーニー 代表取締役 CEO 工藤 智昭氏
左:株式会社翔泳社 MarkeZine編集長 押久保 剛

工藤:2008年あたりからアドネットワークが出てきて、2010年頃からアドエクスチェンジが登場しました。その後、海外企業のアドエクスチェンジの到来に触発されて、私たちはジーニーを立ち上げました。

 アドテクノロジーブームの火付け役ともいえるDSPとSSPは、先行市場のアメリカで既に2009年頃から出ていて、日本での普及も予見できましたが、国内に登場したのが2011年。当時は、弊社のようなアドテクノロジー企業から海外のプレーヤーまで、様々な企業がサービスをリリースし、混迷を極めていました。

押久保:カオスマップが広がった時期でしたよね。確か最盛期だと1,000社くらいでしょうか。

工藤:アメリカだと1,000社は超えていましたね。広告配信機能が専門化、細分化されていって、多くのプレーヤーが出てきた時代です。たとえば、ファーストパーティデータと呼ばれる企業内部のデータを使ってリアルタイムに広告配信する。これにより、サイトの来訪頻度に合わせた訴求などが可能になりました。

押久保:御社はSSPにフォーカスされて、実際に成長の要因にもなりました。SSPの開発、普及に注力したのはなぜでしょうか。

工藤:私を含めた創業メンバーがメディア向けに仕事をするのが楽しいと感じていたからですね。DSPが広告主のマーケティングを支援するのに対して、SSPは多くのメディアにマネタイズの機会を提供する、いわばインフラみたいな事業。そうしたことを私たちがしたいと考えていました。

継続的な投資で更なる拡大目指す

押久保:市場が拡大した一方で、2015年から2016年あたりは選別されて収斂していくフェーズに入ったと感じています。その中で生き残り、さらなる拡大を図る御社は、現状をどう捉えていますか。

工藤:この領域は進化が早く、新しい機能やサービスが次々と出てきます。最近ではアドブロックやアドフラウドへの対応をはじめ、次々にテーマが生まれ、進化が求められる。そうした状況に投資をし続けられる会社と、単体では投資できない会社に分かれていくでしょう。

 その中で我々は、総合的に幅広いニーズに対応できるよう、新サービスの開発や既存サービスの改善を行っていきたいと考えていますし、今も投資を続けています。

押久保:細分化の道も模索できる中で、工藤さんは企業サイトのトップメッセージで、「アドテクノロジーで世界を変える。」と掲げていますね。御社の根底にある考えと思っていいでしょうか。

工藤:総合的に幅広く対応できる会社が海外企業だけになるのは、日本やアジアのユーザーにとってよくないことだと思っています。日本の会社が国内のルールを決められる環境は持っておきたい。

 広告業界独自のルールや伝統の中には必要なものもあって、すべてがグローバルスタンダードになる必要もない。国内の特性を反映した、グローバルとは違う日本のルールをベースにしたプロダクトを実現していきたいですね。

次のページ
テクノロジー企業に求められるエンジニアドリブン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

遠藤 義浩(エンドウ ヨシヒロ)

 フリーランスの編集者/ライター。奈良県生まれ、東京都在住。雑誌『Web Designing』(マイナビ出版)の常駐編集者などを経てフリーに。Web、デジタルマーケティング分野の媒体での編集/執筆、オウンドメディアのコンテンツ制作などに携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング