SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK、新ツール「ワカナビセブン」を開発 若者の情報拡散の構造を分析

 アサツー ディ・ケイ(ADK)が設立した現役大学生による若者マーケッター集団「ワカスタ」と、生活者調査・データ解析・プランニングの専門会社「アクシバル」が共同で、若年層(18~29歳男女)の情報拡散の構造をクラスターごとに分析する新しいツール「ワカナビセブン」を開発した。

 昨今の若者は、テレビなどのマスメディア以外にも、SNSを中心とした様々な手段で情報を受信し、発信も行う。その若者の間で効果的に情報を流通させるためのアプローチ方法を解明することをゴールに、ワカスタとアクシバルは今回のツール開発プロジェクトを発足した。

 今回のプロジェクトでは、「ワカスタ」が持つ若年層に関する知見をもとに、生活者の意識・価値観データと購買・メディア接触ログデータ(一部)を統合した「アクシバル」独自の生活者データベースと連携したパネルを活用。若年層特有の意識・価値観や情報行動を解明するための独自調査を実施した。

 調査結果から総合的に分析した結果、若者を“みんな推しミーハー”“内輪ネタリスト”など7つのクラスターに分類した。このクラスターごとに、情報が流通しやすいコンテクストやメディアなどを明らかにするツールが「ワカナビセブン」となっている。

【関連記事】
ADK、人を動かすインストア・ソリューションの専門チーム「ADKショッピング・ハックス」発足
クリエイターズマッチ、ADKの新会社アブソルートワンと業務提携
バンダイナムコら3社が新会社設立、アニメコンテンツの海外向け動画配信・ECサイト展開へ
デジタルガレージグループが保有するビッグデータを活用した広告商品「BIG MINING」リリース
ADKとインテージ、マーケティング・コンサルティングの新サービス開発で協議開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/16 08:00 https://markezine.jp/article/detail/26502

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング