MarkeZine(マーケジン)

記事種別

NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる

2008/02/08 16:55

 TCAのデータによると、1月の純増数は、ソフトバンクが200,700件でトップに立ち、auが116,600件で2位(KDDIはツーカーが-33,900件と減少しているため、合計では82,700件)、2007年12月には盛り返していたNTTドコモの純増数は19,800件で、32,600件のイー・モバイルに抜かれてしまった。

携帯電話の契約純増数推移。
※イー・モバイルの2007年のデータは四半期ごとの契約数。
au/KDDIはツーカーのデータを含まない。

 純増数で苦戦が続いていたNTTドコモは、11月に発表した905iシリーズが予想を上回る好調ぶりで12月は2007年で2番目に多い121,500件を記録していた。しかし、イー・アクセスの100%出資で2005年に設立され、TBS、ゴールドマン・サックス、吉本興業、三井物産、テマセクなどから出資を受け、着実に事業を拡張しているイー・モバイルが、ついに純増数でNTTドコモを上回った。

 圧倒的なシェアとユーザーからの信頼度は変わらない中、迷走を続けるNTTドコモ。Googleとの提携によってこれから展開されるサービスやiPhone争奪戦など、NTTドコモの巻き返しはこれから本格化しそうだ。

【関連リンク】
ドコモは「信頼できる」、ソフトバンクは「チャレンジャー」【携帯キャリアイメージ調査】
NTTドコモが語るiモードのコンテンツ戦略と今後の可能性
iPhone争奪戦が本格化、AppleがNTTドコモとソフトバンクモバイルに接触
au oneに関する意識調査 au oneメールの利用意向【モバイルリサーチ】
NTTドコモがGoogle製品の標準搭載を発表、Googleカラーに染まるドコモ携帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5