SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スパイスボックス、「THINK」をリリース 統計解析でPR、SNSの売上貢献度を可視化

 スパイスボックスは5月31日、ROI分析プラットフォーム「THINK」をリリースした。スマートフォンの普及やメディア環境の変化により、今やソーシャルメディア上でのPR、広告施策は企業のマーケティング活動に欠かせなくなりつつある。

 一方、これまでPRによるメディア露出やPRイベント、SNS上での動画配信などのブランディング、プロモーション施策などは、売上などのKGIへの寄与度が極めて不明瞭だった。

1.各施策と予算
2.施策を行うにあたり、KGI(売上など)に与える影響度が強い要因
3.KGI(売上など)にどの程度寄与しているのか
の3つを数値化することができる

 THINKは、統計解析を利用することで施策の「売上」に対する効果を可視化し、各施策の予算配分最適化やKPI設計、PDCA管理を支援する。また、SNS上でのブランディング施策を数多く手掛けるスパイスボックスでは、分析結果にもとづいた次回アクションのプランニングまでワンストップで実施する。

 さらに同プラットフォームでは、これまで広告代理店やコンサルティング会社などが大手企業向けに個別カスタマイズで行っていた統計解析サービスを一部システム化。これにより企業は、簡単かつ低価格で自社のマーケティング活動に統計解析手法を取り入れることが可能となる。

【関連記事】
スパイスボックス、マイクロインフルエンサーと企業をマッチングする「Teller」の提供開始
スパイスボックス、 インフルエンサー・SNS活用のKPI策定支援サービスを開始
SNSで話題の記事を発見!アウル、記事検索ツール「RUNDA」リリース
「SNS映え」に特化したカメラマンと企業をマッチング! CCC子会社、「torutte」リリース
インテージ、「INTAGE connect」経由でDatorama Japanとデータ接続へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/02 12:00 https://markezine.jp/article/detail/26575

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング