SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、人的にブランドセーフティ監視を行う新組織を設立

 サイバーエージェントは広告事業において、24時間365日、人的にブランドセーフティ監視を行う専門組織「ブランドセキュリティセンター」を設立した。

 昨今、ブランド広告企業による不適切なコンテンツを掲載するメディア面への除外配信指定や、アドベリフィケーションツールの導入などがブランド価値毀損の予防策として取られている。一方で、配信面の除外配信指定を行うことでリーチ数が限られてしまい、広告効果の最大化を図れず多くの機会損失を生んでしまっているケースも見受けられていたため、同社は今回の組織設立に至った。

 また同社は、ブランド広告企業のブランド価値毀損を防ぐことによって生じる機会損失を最小限に押さえる監視サービス「CAブランドセキュリティ」の提供を6月中に開始する。

 同サービスでは、Googleなどの主要プラットフォームを中心に、同社が今までの広告配信実績により蓄積したブランド価値毀損を生む可能性のある配信先リストを作成し、そのリストを事前に除外配信指定する。

 配信開始後も24時間365日、人的に配信面を監視するほか、Facebookなどにおけるスパムコメントや不適切なコメントに関しても同様に監視を行い、ブランド価値毀損を防ぐ。くわえて、リーチ数を最大化し高品質で安全性の高い広告配信を実現する。

 配信面はWeb面を中心にサービスを提供を行うが、今後はアプリ面および動画広告に代表されるインストリーム広告面にも順次サービスを拡大予定。

【関連記事】
popIn、新広告メニューを開発 配信メディアのセグメントとAI活用でブランドセーフティ実現
IAS、The Trade Deskと技術統合を拡大 ブランドセーフティーの基準満たした在庫へ配信
サイバーエージェント子会社のAJA、PMPの提供を開始 「Ameba」の広告配信ノウハウと技術活用
CVユーザーへのリターゲティング広告を防ぐ「GlassView SmartLoop」がローンチ
「AJA Recommend Engine」、メディア向けのブランドセーフティ機能を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/07 10:30 https://markezine.jp/article/detail/26600

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング