SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、英国のデジタルタレントマネジメント会社の株式90%を取得

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、英国のデジタルタレントマネジメント会社「Gleam Futures(グリーム・フューチャーズ)」のマジョリティー株式を取得することにつき、同社株主と合意した。株式取得後、電通イージス・ネットワークが90%の株式を保有することになる。

 デジタルタレントマネジメント会社は、YouTubeなどのSNSで情報やコンテンツを発信するタレントを管理・活用しながら、ブランディングを中心としたサービスを行う会社のこと。

 2010年に設立されたGleam Futuresは、英国以外では米国ロサンゼルス市に営業拠点があり、計37名の社員を擁する。同社は、40名以上のグローバルタレントとの契約を有し、これらのタレントがYouTubeで発信するチャンネルの登録者数の合計は6.000万人を超えている。

 デジタルタレントやYouTubeにおいて既に強固なブランドを同社が確立しているため、電通は株式取得後も同社のブランド名を残し、The Story Lab(ストーリー・ラボ)など既存ブランドとのシナジーの創出を目指す。特に、飲料・嗜好品、ファッションといった領域のブランドエンゲージメント・サービスをグローバルに強化していくことで、成長戦略をさらに加速させる狙いだ。

【関連記事】
FinTechベンチャーのTranzax、電通および幻冬舎グループ3社と提携 マーケティング強化へ
電通、海外メディアエージェンシー「Dentsu media」を「dentsu X」へ改称
電通と電通デジタル、Zuora Japanと提携 サブスクリプション型ビジネスの支援行う
電通、オーストリア最大の総合メディア代理店「メディア・アット」の株式100%取得で合意
電通とアグリゲート、地域産品のテストマーケティングサービス「テストミン」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング