MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アフィリエイトにもLTVの概念を『R∞ LTV』が拓く新しい顧客管理手法とは

2017/06/28 11:00

新規顧客とリピーター 双方のマネージメントをひとつのツールで

――最初の導入企業となったわけですが、アイム様のビジネスに『R∞ LTV』が合致したのはどんな理由でしょうか。

バリューコマース株式会社 アフィリエイト本部長 伊藤孝司氏

天野(VC) 当社側の環境が整ったというのが大きいと思います。これまでアフィリエイトにおいて美容コスメのジャンルは、新規顧客の獲得を優先するEC事業者様が多かったのですが、近年ではよりリピート率の高い顧客の獲得が強く求められるようになっています。

従来のシステムですと、リピート率の詳細な分析は、アフィリエイト経由で発生した注文データとEC事業者様の注文データを突き合せなければできませんでした。かつ、それらデータが個人情報であったことも、実現を難しくさせていた要因でした。

そういった状況の中、当社に『R∞』が加わり、顧客情報の運用を一手に引き受けられるようになったことは、非常に大きなブレイクスルーだったと思います。

伊藤(VC) これまで、新規顧客獲得とリピーターのマネジメントは別々のサービスで行うことが一般的でしたが、『R∞ LTV』はそこをつなげていることが最大の特徴です。特に「アフィリエイト」と「LTV」、ふたつの概念を併せ持つサービスは今のところ他にないと思いますし、最大の差別化ポイントだと認識しています。

―― 導入にあたり、システム面で難しい点などあったのでしょうか。

天野(VC) システム面よりも、考えかたですね。当社では多くの美容コスメジャンルのEC事業者様とお取引をさせていただいており、新規顧客の獲得件数の最大化や最適な広告費用での運用といったノウハウは保有しておりますが、LTVという長期的な概念を指標に含めると、今回アイム様と設定した目標を達成できるかどうかは、従来のアフィリエイトの考えかただけでは判断しきれません。

アフィリエイト経由で流入してきたお客様がリピーターになっていただけているのか、そのお客様はどのメディアの集客手法経由なのかなどを細かく分析し、メディアごとの適正なCPOを、アイム様と同じ目線で考えていきたいと思っています。

株式会社アイム HC事業部 事業戦略 部長 丸山敦史氏

丸山(アイム) バリューコマース様とは、売上や利益計画はもちろん、将来的なビジョンまで含めてすべて共有させていただいています。LTVの考えかたや指標も、最初からしっかりと認識を同じにしていかなくてはならないと感じています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5