SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通PR、新しいPR効果測定モデル「レピュテーションマトリックス」のサービス提供を開始

 電通パブリックリレーションズは7月4日、PRの効果測定・分析モデル「Reputation Matrix(レピュテーションマトリックス)」を活用した新サービスをリリースした。

 同サービスは、企業のPR活動を露出の「量」とレピュテーションの「質」の両面から把握できる新しい効果測定・分析モデルだ。目的や予算に応じて調査を組み合わせることが可能で、コミュニケーションプランの策定や費用対効果の検証に活用できる。

 これまで、日本のPR活動の効果測定では、露出量を広告費に換算して評価するのが主流だった。しかし、海外のPR業界では2010年に「バルセロナ原則」と呼ばれるPRの効果測定に関する基準が確立。2015年には「バルセロナ原則2.0」として修正された。同原則は、「広告換算値はPRの価値ではない」という宣言とともに、国際的にもその順守を呼び掛けてられている。同社は、これらの世界的な動向に合わせ、新たなPR効果測定・分析を確立すべく、同サービスの開発、提供に至った。

【関連記事】
電通デジタル、PARTYの中村洋基氏が顧問に就任 デジタル広告のソリューション開発を加速
ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始
デジタル広告、テレビを抜き最大のメディアに モバイル広告費はPC上回る【電通イージス調査】
スパイスボックス、「THINK」をリリース 統計解析でPR、SNSの売上貢献度を可視化
インスタグラマ―によるPR投稿、2015年7月から2016年12の間に急増【THECOO調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング