MarkeZine(マーケジン)

記事種別

心地良いOne to Oneコミュニケーションを目指す~SFDC×LINE ビジネスコネクトの未来

2017/08/01 08:00

LINEはコミュニケーションの心地よさを届ける

 企業ごとに様々な活用ができるLINE ビジネスコネクトだが、笹氏は導入にあたってのポイントをこう語る。

 「One to Oneでコミュニケーションをしたい、コンテンツを送りたいというときにLINEは重要なデジタルチャネルです。ゆえに、企業内にユーザーごとにコンテンツを出し分けるという基盤を作っていく必要があります。情報をセグメントする意識を持つことが大切です」(笹氏)

 LINE ビジネスコネクトによるOne to Oneコミュニケーションの次なるステップは、企業とユーザーの双方向コミュニケーションの強化だ。セールスフォースでは、カスタマーサービスのアプリケーションであるService CloudのLINE対応を進めている。

 企業がLINE ビジネスコネクトを通して行いたいコミュニケーションのすべてをバックアップしていくのが目標だ。また、グローバルのマーケティングプラットフォームとして越境ECを中心としたアジアでの展開も視野にいれている。特に、LINEの利用率が高い台湾・タイ・インドネシアを活性化させたいという。

 ユーザーと近いチャネルであるからこそ、コミュニケーションの心地よさが求められるLINE。自社のデジタルマーケティングの中で、LINEをどのような位置づけで活用するかが成功のカギとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5