MarkeZine(マーケジン)

記事種別

新宿に「チキンラーメン屋台」登場!日清食品創業者・安藤百福による1950年代の「研究小屋」を再現

2017/09/29 16:35

 日清食品は、世界初のインスタントラーメンとされる「チキンラーメン」が2018年8月25日に発売60周年を迎えることを記念し、チキンラーメン開発当時の研究小屋をイメージした「チキンラーメン屋台」でキャラバンを行う。

 2017年10月2日(月)のサナギ新宿(新宿区新宿三丁目35番6号 甲州街道 高架下)での出店を皮切りに、全国の主要都市を回る予定だ。

  「チキンラーメン屋台」は、日清食品の創業者である安藤百福がインスタントラーメンの開発に心血を注いだ1950年代当時の研究小屋をイメージして作られた。屋台で食べるラーメンという、「懐かしくも、おいしく、そして少し背徳感やワクワク感のある雰囲気」を期間限定で提供したいと日清食品は説明している。

 「チキンラーメン屋台」では、たまご、ネギ以外にひよこちゃんナルト、コーン、キムチ、チェダーチーズ4種類の中から選んだ1品をトッピングした、「チキンラーメン屋台」でしか食べられない特別なチキンラーメンを300円(税込)で提供するという。

 「チキンラーメン屋台キャラバン」の実施日程は2017年10月2日(月)から2018年3月11日(日)にかけてで、全国の主要都市駅前イベントスペースをキャラバンする。最初の出店は都内のサナギ新宿で、10月2日(月)から10月8日(日)まで17:00から22:00の時間帯で営業する。営業時間は実施場所によって異なる。

【関連記事】
日清食品×水曜日のカンパネラ、“カレーメシくんとの切ない愛の物語”テーマの写真集セット販売
MixChannel×日清食品、女子中高生ターゲットにした動画コンテストをスタート
BtoC編ブランドランキング、セブン-イレブンが首位に~YouTube、日清食品が追随
「LINE」の企業スポンサードスタンプ、第一弾は日清食品とローソン
JR渋谷駅に9種類の「どん兵衛」が食べられるアドスタンドがオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5