SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2017 Autumn(AD)

アナログ施策で顧客の情緒をねらい撃ち!強いBtoBマーケに学ぶ、デジタルとアナログの組み合わせ方とは

 「伸びている会社や有名な会社ほど、じつはアナログのイベントをやっていませんか」と問いかけるのは、マーケティングプラットフォームを提供しているシャノンの中村健一郎氏。マーケティングオートメーションツールを活用しながら、デジタル施策と、セミナーや架電フォローといったアナログ施策を組み合わせて顧客体験を向上させる方法を、MarkeZine Day 2017 Autumnの壇上で解説した講演「あと一歩、成長するBtoBマーケティングに必要な仕組みづくりとは」の様子をお届けしよう。

MAに対する企業の課題意識が変わってきている

 2000年設立のシャノンは、マーケティングクラウドやコンサルティング事業を展開しており、今年1月にはマザーズ上場も果たしている。クライアントはBtoBの企業が7割ほどで、マーケティングオートメーション市場では、7年連続でシェアナンバーワンとなっている。

株式会社シャノン 代表取締役社長 中村健一郎氏
株式会社シャノン 代表取締役社長 中村健一郎氏

 「Marketing is Scienceが弊社のモットーで、テクノロジーとサイエンスで企業のマーケティング課題を解決するのがミッションです。たとえば、MAはあくまでツール。活用はしますが、課題解決でビジネス成長につなげることがより重要です」(中村氏)

 シャノンでは、毎年マーケティング課題についてのアンケートを企業の担当者に実施している。そこでの“何を課題に感じているか”という問いに対する回答として、近年ずっと“マーケ活動の成果が見えない”が1位だったが、今年は3位に下がったという。

 「MAを導入すると、マーケティング業務やプロセスの見直しが起こり、データをきちんと集めていこうというコンセンサスが広がり、販促・マーケ活動の成果が可視化できます。MAの活用が広がる中で、マーケ活動成果も可視化できるようになってきたのです」(中村氏)

 一方、新たな課題として存在感を増しているのが、「成果を挙げるための、コンテンツ企画・制作」だ。データは取れるようになっても、実際のコンテンツを作るリソースが足りないなどの背景が考えられる。

 次に、自社のマーケティングをどのように評価しているのかを質問したところ、約半数が“自社の行っているマーケティングのレベルは他社に比べ低い”と回答している。

 「しかし、裏を返せば、もっとやれることはあるということ。そして、マーケティング活動がビジネスに対してどれくらい貢献しているのか、把握しづらいと答える方も多くいらっしゃいます。

 マーケティングのビジネス全体に対する効果がハッキリ言えないから、予算を取り辛いこともあるでしょう。マーケティングは新しいことをやろうとするとお金がかかりますから、施策を進めながら成果を証明して、新たな投資につなげたい、というのが各企業の課題だといえそうです」(中村氏)

アナログとデジタルを組み合わせるのが、これからの成功の形

 BtoBビジネスは、まず情報収集による認知から、興味関心、比較検討、商談という購入意思決定プロセスをたどる。従来は、顧客が自社のことを知っていてくれさえすれば、声がかかり、コンペのテーブルに載り、比較検討の対象となることができた。

 しかし、デジタル時代にはPCでクライアントの担当者自身が調べて、比較検討を済ませてしまっている。担当者は依頼したい会社を決めてしまってから、社内的に体裁を整えるためにコンペを行ったうえで、あらかじめ決めておいた会社に発注するというケースが多い。つまり、デジタルでの比較検討プロセスで顧客の心をつかめないと勝負にならない、という話はマーケターならばよく耳にするはずだ。

 しかし中村氏は、顧客の姿はさらに変わってきていると話す。

 「デジタルに情報があふれかえった結果、今のお客様はデジタルだけでなく、デジタルとアナログにまたがった行動をしているのです。たとえば、ここにいらっしゃる皆さんは、情報収集が目的ならば、わざわざ今日のセッションを聞きに来る必要はなかったかもしれない。ひととおりの情報はネットで探せばありますし、当社もホワイトペーパーなどを出していますから。

 ところが、皆さんは今日のセッションに足を運んでくださいました。これこそが顧客の変化を物語っています。

 自社の課題がどこにあり、それをどのような手段で解決すればよいか、明確でないことも多いでしょう。ベンダーがWebで自社のプロダクトの優れた点を強調しているのを見ても、自社で採用したときに本当に効果があるのか、判断に迷うこともあるでしょう。そんなときに、顧客はアナログな場で話を聞いてみたい、と考えるのです。

 したがって、情報収集のフェーズで、デジタルでの情報発信だけでなく、アナログによるアプローチを組み合わせるのがベストなのです」(中村氏)

 コーネル大学の調査によると、まったく見知らぬ相手に、同じセリフでお願い事をする場合、メールよりも面と向かって話を聞いてもらう方が34倍も効果的だという。

 こうした背景のもと、シャノンはデジタルとアナログの組み合わせを重視しており、クライアント企業のイベントも支援している。

 「3Dなどのデジタルのイベントなども手掛けますが、やはりアナログのイベントに比べると、同じ内容でも見に来る人が少ないんです。やはり長時間にわたって、黙々と画面を見るのは辛いんですよね。アナログの方が間違いなく集客はあるし、しっかり見て体験していただける。考えてみると、伸びている会社や有名な会社ほど、アナログのイベントをやっていませんか」(中村氏)

 もちろん、デジタルが非常に重要なのは間違いがない。重要なのは、顧客の体験を中心にマーケティングをすることだ。デジタルがいいとか、アナログがいいとかではなく、顧客がどのような体験をすれば成約に結びつくかを考え、デジタルとアナログを適切に組み合わせてマーケティング設計を行うべきなのだ。

次のページ
濃いアナログ施策“懇親会”で、契約数アップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2017 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/06 14:00 https://markezine.jp/article/detail/27332

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング