MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ユナイテッドアローズ、オムニチャネルでの顧客体験の向上を目指し「Domo」を採用

2017/11/27 13:30

 ユナイテッドアローズは、ドーモが提供するビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用した。

 国内外のブランドとオリジナルの衣類や雑貨を販売する同社は、19のストアブランドと243店舗(2017年4月1日現在)を展開しており、EC事業の強化を推進している。同社ではオムニチャネルを最適化し顧客体験を高めるため、マーケティングデータや店舗のPOSデータ、在庫情報、顧客情報など異なるツールで収集したデータを組織横断で活用し、深くカスタマージャーニーを理解する必要があった。

 同社は、この課題解決に向け、データ活用とエンゲージメント最適化のためのプラットフォームとして「Domo」を採用。これにより様々なデータの統合と視覚化が可能になり、カスタマージャーニーの全体をリアルタイムで把握することができる。また、O2O施策の強化や顧客体験の向上をより的確かつ短時間で行うことが可能になる。

【関連記事】
インテージ、Domoとのデータ接続を開始 マーケティングデータの可視化・分析を一気通貫で実現
ANA、BIツール「Domo」を導入 リアルタイムデータを活用しマーケティングROIの最大化へ
ローソン、ネットスーパー事業に「Domo」を採用 ビジネスの生産性向上と意思決定の迅速化へ
ユナイテッドアローズ、360度パノラマVRアプリを配信開始〜制作はトランスコスモス
スマホきせかえコミュニティアプリ「CocoPPa」、きせかえ機能とSNS機能強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5