MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「無難」はほんとにモテるのか?インスタで普通VS冒険のファッション対決してみた結果

セール対象品はみんなが欲しがる王道アイテムよりは「ユニークな服」が多くなりがちなもの。でも、ちょっと冒険をして"SOMETHING NEW"を身にまとったほうが「いいね!」されるとしたら……。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:ルーマニア
 企業/ブランド:Baneasa Shopping City
 業種:アパレル

おもったよりコンサバはウケない!?

 ルーマニアのショッピングモール・Baneasa Shopping Cityが、Instagramアカウントを開設し、ユニークな実験プロモーションを実施しました。

 新たに開設したのは男女2人のモデルに対し、2つずつの計4アカウント。

 1種類目のアカウントは「毎日同じスタイル」、いわば“普通派”のファッションコーディネートを投稿するアカウントです。一方もう1つのアカウントは、「毎日何か新しいものを」を身につける“冒険派”のコーディネートを投稿するアカウントです。

 女性モデルの“普通”コーディネートのアカウントはこちら、“冒険”コーディネートのアカウントはこちら。男性モデルの“普通”コーディネートのアカウントはこちら、“冒険”コーディネートのアカウントはこちら。それぞれの投稿を見るとコーディネートの雰囲気が異なることがよくわかります。

 このアカウントで30日間、毎日各コーディネートを投稿し続け、“どちらが人気があるか”を、いいね!とフォロワーの数を通して検証しようという企画です。

 そして出た結果がこちら。

 累計のいいね!とフォロワー数の結果は以下の通り。左が“普通派”で、右が“冒険派”です。

 “冒険派”のコーディネートが圧倒的に人気を集めました。

 このことから大勢の人々が、“毎日何か新しいものを身につけるコーディネートが好きだ”ということを示唆しています。

 実験結果を収めたPR動画のラストには同ショッピングモールのウィンターセールの告知として、「今度はあなたも何か新しいものを身につけてみましょう!」とメッセージングしています。

 セールの告知を“Instagramでの実験結果”を通じて訴える、説得力抜群(?)のデジタルプロモーションでした。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

UBERの車窓に映る“人の顔”がメロディーに!グラミー賞開催を祝う、画像認識を駆使したAR施策

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5