SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂グループのクラフター・VAIO・東映が共同で「VR映画事業」の展開へ

 博報堂グループのクラフターとVAIO、東映の3社は、VRを映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始する。

 同事業では、VAIOがハードウェアの調達・最適化およびソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発し、ワイヤレスで大人数がVRを同時視聴できる環境を構築。東映は映画館へのコンテンツの配給を、クラフターはコンテンツの制作を担当する。

 これまでVRはユーザー個々の体験にとどまっていたが、同事業では映画館施設を用いた多人数での同時鑑賞が可能なVR映画の共興を行っていく。

【関連記事】
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケティングに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発
トランスコスモス、Salesforceと連携してレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供開始
飛行機内でVR体験可能に JAL、VRサービスに関する実証実験を開始
スマホ広告のリーチをシミュレーション VRI、「Mobile Reach MAX」の提供を開始
チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/19 17:45 https://markezine.jp/article/detail/27684

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング