SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

コンバージョンの質を追求し、広告効果の最大化を実現する「アクションドリブンマーケティング」とは?

 購入・申し込み・登録といったユーザーのアクションを起点に、データとテクノロジーを活用し効果的なプロモーション戦略の設計を行うMacbee Planet。デジタルで取得したデータをオフラインに活用する施策展開により急成長をみせている。また、総合広告代理店やPR会社の領域をカバーしながら、昨年11月には成果報酬型広告の運用効率を最大化するマーケティングツール「Robee」を自社開発するなど、テックカンパニーとしての側面も持ち合わせているベンチャー企業だ。同社 代表取締役の小嶋雄介氏は「効果が明確に見える成果報酬型広告を起点とした全く新しいコンサルティングによりパフォーマンスを大幅に引き上げられる」と語り、その概念を「アクションドリブンマーケティング」と提唱する。

CPA領域のリーディングカンパニーとして

ーーMacbee Planet(マクビープラネット)は、設立の翌年から複数の経済系メディアで注目のベンチャー企業としてランキング入りするなど、話題が多い印象です。成果報酬型広告をメインに企業のマーケティングを支援されてきましたが、まず御社の特徴をうかがえますか?

株式会社Macbee Planet 代表取締役 小嶋 雄介氏

1984年、神奈川県鎌倉市生まれ。大学卒業後、広告代理店に就職。テレビやイベント、雑誌、SP広告など、幅広いプランニングを経験。2013年、デジタルマーケティング会社の広告事業責任者として、事業を立ち上げる。2015年8月に当社を設立し、最先端のテクノロジーとマーケティングノウハウを駆使した、コンサルティングを提供している。マーケティング戦略設計により、これまでコンサルティングした企業の数は300社以上に上る。

小嶋:成果報酬型広告はCPAが決まっているため、エージェンシーは掲載面を増やす活動に終始しがちです。そうした中、当社は2015年の設立当初から、CPA領域の運用において、商品設計・クリエイティブ改善・コンテンツ設計など、あらゆる角度からCVR最適化やLTV・ROASを改善するためのコンサルティングに力を入れてきました。コンテンツ開発にはPRやマスメディアも活用しますし、デジタルマーケティング運用で取得したデータに基づきオフライン戦略も考えます。

 現在、弊社の戦略としてテクノロジーを活用した成果報酬型広告の運用を収益の柱にしながら、総合広告代理店やPR会社の事業領域もカバーして、包括的にプロモーションを設計しています。

ーー一般的にはデジタルマーケティング施策の運用会社、さらにアフィリエイトやまた別の広告の運用会社が入るなど、代理店が複数重なって全体のコミュニケーションが動くことが多いと思いますが、オフラインも含めて一気通貫で手がけられているのですか?

小嶋:そうですね、そういう代理店は極めて珍しいと思います。各領域で経験を積んだメンバーがそろっていますし、自社でツール開発も行うテックカンパニーの側面も持つのは当社くらいではないでしょうか。

「どうすれば購買が伸びるか」から逆算する

ーー現在のクライアントにはどういう業種が多いのでしょうか?

小嶋:美容系と金融系の企業様が圧倒的に多いのですが、設立から2年半の間、新規営業はせずにご紹介いただくケースがほとんどでした。昨年、データとテクノロジーを駆使し成果報酬型広告の運用を自動で最適化するプラットフォーム「Robee(ロビー)」を開発・リリースしたこともあり、今後はより幅広い業種の企業のマーケティングをサポートできればと思っています。

ーー新規営業がゼロとはすごいですね。そもそも、貴社の戦略として成果報酬型広告の運用にまず注力されたのはなぜなんですか?

小嶋:当社が成果報酬型の広告を起点にした設計を打ち出してきたのは、購買や申し込みという明確な数値から逆算してコミュニケーションを設計すれば、オフライン広告のデメリットであるKPIがあいまいになりがちな点を解消して、パフォーマンスを最大化できるからです。

 総合広告代理店に勤めていたころ、ブランディングやPR施策をリアルなプロモーションを中心に進める中で、やはり施策の良し悪しを判断する指標がぶれてしまいがちな点が課題になることが多かったんです。テクノロジーを活用し、デジタルで大量の情報を取得しながら、オフラインのマーケティングへ展開できれば、デメリットをカバーしてメリットへ変えることが可能となります。

 購買を起点にデジタルマーケティング全体やオフラインの広告、PRまで設計する独自のフレームワークを「アクションドリブンマーケティング」と名付けています。

次のページ
“コンバージョンの質”を成果報酬型広告でも追求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング