MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コンバージョンの質を追求し、広告効果の最大化を実現する「アクションドリブンマーケティング」とは?

2018/02/26 10:00

“コンバージョンの質”を成果報酬型広告でも追求

ーーでは、昨年11月にリリースされた成果報酬型広告のマーケティングプラットフォーム「Robee」についてうかがいたいのですが、前提として、成果報酬型広告は他のデジタル広告に比べて運用が困難なのでしょうか?

小嶋:そういえると思います。他のデジタル広告は代理店が配信のセグメントやクリエイティブ、そのときのLPをすべて決めるので、基本的にプランニングどおりのプロモーション展開が可能ですよね。一方、成果報酬型広告はアフィリエイトASPが仲介するケースが多いものの、アフィリエイターと呼ばれる無数の法人・個人が運営するサイトが介在しているので、どこにどう掲載されていて、ユーザーがどういう経路でコンバージョンしたかを把握する事は不可能なんです。

 そのサイトの集客方法も、一切わからない。そうした理由から、成果報酬型広告の運用は「不透明な運用」といわれることもあります。そのあたりを、Robeeではすべて可視化します。

ーーブラックボックスになっている部分を透明にする、と?

小嶋:ええ。通常、ひとつのプロモーションに対して成果が発生する媒体の数が100や1,000になることも珍しくないので、人的に分析するのは無理です。なので、テクノロジーにより集客経路や検索ワードを全て解析した上で、同時に実際に訪れているユーザーの情報も取得して、クリエイティブのパーソナライズを可能にしています。プロモーション単位の可視化と、その後の対策もすべて最適化することで、人的な操作ではできないレベルのコンバージョンの改善、さらにその質の改善も実現します。

自社開発ツール「Robee」で目指すデータ取得と活用

ーー具体的に、どういったユーザー情報を取得するのですか?

小嶋:今、実現している一つはジオグラフィック情報、位置情報ですね。Geolocation Technology(旧・サイバーエリアリサーチ)さんの「どこどこJP」と連携して、地域ごとにクリエイティブの出し分けをしています。それらの情報をはじめ、ユーザーの興味関心に基づき、一つのURLでLPのクリエイティブをパーソナライズできる「Media LPO」機能は、差別化のポイントです。

 もう一つは、サイコグラフィック情報の取得です。ユーザーの深層心理ですね。ユーザーが接触するメディア特性や、検索キーワードの分析からユーザーインサイトを読み解き、クリエイティブの出し分けの精度を大きく向上させます。ひいてはユーザーと広告のマッチング性を高めれば、自然と「コンバージョンの質」も引き上がります。

 今後は、外部企業のサードパーティーデータと連携し、デモグラフィック情報の取得も視野に入れております。

ーーなるほど、確かにそもそも配信したときのユーザーと広告がマッチしていれば、コンバージョン後のユーザーの満足度も高まりますね。

小嶋:それが理想ですね。今後はテクノロジーが大事なのはもちろんですが、保有するデータの取得量と有用性が大きな価値になる時代になります。Robeeではツール自体にデータを蓄積したプラットフォームとして、長期的に改善しつつクライアントに貢献していく考えです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5