SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電車内の動画広告、2割が興味示した経験あり/YouTuberの認知度は?【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2018年1月度)』の結果を発表した。同調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にして行われた。

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり

 「YouTuberの動画を見たことがある」と回答した人の割合は60.9%で、2014年7月度調査時の25.9%から大幅に増加。また、「YouTuberという存在を知っているが、動画は見たことがない」人の割合は、2014年7月度調査時では16.5%だったが、今回は33.5%となった。YouTuberに対する認知度も42.4%から94.4%に向上した(※「YouTuberの動画を見たことがある」「YouTuberという存在を知っているが、動画は見たことがない」の合計)。

10代の半数近くはYouTuberに対して好印象

 YouTuberを知っている人のうち、YouTuberに「良い印象を持っている」人は8.0%、「やや良い印象を持っている」人は12.6%で、あわせて20.6%の人が良い印象を持っていた。

 年代別に見てみると、10代で「良い印象を持っている」人は28.0%、「やや良い印象を持っている」人は19.4%だった。一方で、60代で「良い印象を持っている」人は2.7%、「やや良い印象を持っている」人は7.1%で、若い人ほど良い印象を持っていることがわかった。

約2割が「電車内動画広告の内容に興味示したことある」

 電車の車両内で放送動画広告(CM)を「見たことがあり、内容に興味を感じたことがある」人は19.2%、「見たことはあるが、興味を持ったことはない」人は31.8%となった。また、電車の駅(柱や壁)で展開される動画広告について「見たことがあり、内容に興味を感じたことがある」人は13.6%、「見たことはあるが、興味を持ったことはない」人は33.2%という結果だった。

【関連記事】
Twitter動画広告接触者の来店が計測可能に!CAの「AIR TRACK」、新機能のべータ版提供へ
DSP「Logicad」、動画広告メニューをリリース Teadsと連携しインリード広告を配信
セプテーニ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク専用の動画広告制作システム「ISSEY!」を構築
D2C Rの広告効果測定データ基盤「ART DMP」が動画広告配信プラットフォームと連携
カゴメ、サントリーなど7社が「cookpad storeTV」で料理動画広告のトライアル配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/08 12:15 https://markezine.jp/article/detail/27880

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング