SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドエビス、デモグラ情報の判定精度を約1.5倍に 

 株式会社ロックオンのマーケティングプラットフォーム「アドエビス」は2月22日、D&Mが保有する消費者データ(オーディエンスデータ)との連携を開始した。

 アドエビスが標準機能として提供している「ユーザー分析」は、広告クリック・自然検索・サイト回遊といった接触履歴と性別・年齢・居住地などデモグラフィック情報を、ユーザー単位に参照・検索することができる機能。コンバージョンしやすいユーザーの行動パターンや、流入チャネルごとの顧客分析といった、ターゲットユーザーやペルソナを設計する際に活用することが可能だ。

 今回、D&Mが保有する450万人以上のオーディエンスデータと連携することで、これまでの約1.5倍の精度で性別・年齢・居住地といったデモグラフィック情報の判定が可能となる。判定精度が向上することで、ユーザーを軸としたサイト・施策分析をより詳細に行うことが可能になり、企業のマーケティング規模に左右されない分析基盤の提供を実現する。

【関連記事】
アドエビス、計測データを外部システムと連携可能にする「AD EBiS シングルソースAPI」を公開
「アドエビス」と「エキサイトブログ」が連携を開始 ターゲットの興味関心を可視化
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用
アドエビス、Yahoo!プロモーション広告との自動連携を強化 YDNにも対応
アドエビス、デモグラフィック情報の分析機能リリースへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング