SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、Twitter広告のブランドリフト測定行うサービス開始

 サイバーエージェントは、Twitter上のキャンペーンにおけるブランドリフトを測定するソリューション「Twitterリバーサンプリング」の提供を開始した。

 Twitterに広告出稿する企業がブランドリフトを測定する際、Twitterの提供する測定スキームがあるものの、特定条件があるため一部の広告主のみの利用となっている状況だった。一方で、企業のブランドキャンペーンがユーザーに与える効果の可視化として、ブランドリフトをより安価で容易に測定するニーズが高まってきている。

 このような背景のもと同社が今回提供を開始したソリューションは、Twitterが設けている条件に満たないキャンペーンであっても、広告がブランドへ与える影響を定量的に測ることができる。

 また、広告接触者と非接触者のブランドに対する認知、好意度、利用意向などを比較し、その差異を効果として計測することが可能になる。なお、媒体サーベイのような枠数制限がなく、設問数も自由に設定できるため、効果測定の自由度も高い。

 「Twitterリバーサンプリング」では、Twitterのタイムライン上において、広告接触者と非接触者に対してアンケート広告を配信し回答を収集する効果測定手法である、リードバナーアンケート形式を採用。なお非接触者においては、あらかじめ広告配信の除外設定をしていたユーザーから設定し、NTTデータの提供する属性・趣味嗜好推定サービス「ユーザプロファイルDB」にて無作為にサンプリングしたTwitter IDを利用し、除外ユーザーを選定している。

【関連記事】
サイバーエージェント、Twitter上でのコミュニケーションを自動化するサービスを提供開始
Twitter動画広告接触者の来店が計測可能に!CAの「AIR TRACK」、新機能のべータ版提供へ
Twitter、月額9,900円の広告メニューをリリース 毎日はじめの10ツイートを自動配信
20代男女のファッションEC事情/情報源はTwitterとの回答が最多【テスティー調査】
分散型メディア、SNSでの発信力が大きいのは?第1位は「C Channel」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング