SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、ビーコンネットワーク運営のunerryと提携 位置情報マーケティングを強化

 電通は、ビーコンネットワークを運営するunerryと資本業務提携を行った。電通は、先日資本業務提携したGroundTruthが有する位置情報マーケティングプラットフォームと、unerryのビーコンネットワークを連携させることで、より高精度で効果的な位置情報マーケティングを実現していく狙いだ。

 ビーコンとは、街頭や店舗などに設置された微弱な信号を発信する機器のことで、受信可能なスマートフォンに対して、信号の位置情報に応じたメッセージの配信を可能にする。

 数メートル単位での位置情報を正確に把握できることに加え、GPSでは把握しにくい地下やビルの階数など垂直方向の情報も計測することができる。unerryは、こうした特徴を持つビーコンの特許技術を活用し、全国56万台のビーコンをネットワーク化した「Beacon Bank」を運営している。

 例えばGroundTruthのプラットフォームと連携させることで、ある商業施設の最寄り駅にいるターゲット層や、過去にその商業施設に来訪したことのあるターゲット層が見ているスマートフォンアプリに、広告やクーポンなどの情報を配信することができる。また、unerryのビーコン情報を活用することで、商業施設での階数ごとに異なるクーポン発行や、来店計測を売り場ごとで行うことが可能になる。

 今後電通は、GroundTruthが保有するデータに加え、unerryのように位置情報データに関する独自の強みを持つパートナーとの提携を加速し、世界最高レベルの位置情報マーケティングを国内で展開していく。

【関連記事】
2018年動画広告は1600億にまで拡大見込み 「2017年 日本の広告費」詳細分析【電通他調査】
電通、日本語AIサービス「Kiku-Hana」を開発 言葉の意味の解析に強み
電通デジタル、トランスコスモスらとLINEマーケティング支援を開始 Salesforce製品ベースに
ビービット、電通デジタルら音声サービス領域で業務提携 
電通デジタルと電通、AI活用してクリエイティブ開発を行う組織を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/29 08:30 https://markezine.jp/article/detail/28157

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング