SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通アイソバーのCBTOにカンヌライオンズでグランプリ受賞歴のあるエマヌエル氏が就任

 電通アイソバーは、エマヌエル フローレス・エリアス氏をChief Business Transformation Officer(チーフ ビジネス トランスフォーメーション オフィサー)として迎えたことを発表した。

 エマヌエル氏は、カンヌライオンズをはじめとする国際的な広告賞にて、最新のテクノロジーを活用した作品で多くの受賞歴を持つ。

エマヌエル フローレス・エリアス氏
エマヌエル フローレス・エリアス氏
【エマヌエル フローレス・エリアス】
メキシコ出身。ヨーロッパにて19年間、アジャイル開発の知見を活用し、プロダクト開発等に携わる。2016年のカンヌ・ライオンズにて、2部門のグランプリとイノベーション・ライオンを獲得。その他50以上の国際的な広告賞を受賞。中国上海の同済大学にて、インタラクション・デザインの客員教授の経歴をもつ。

【関連記事】
電通アイソバー、AI「Adobe Sensei」を活用したデジタルアセット管理システムの導入支援開始
電通アイソバー、NetBaseと協業し自然言語処理によるSNS分析を活かしたコンサルティングを提供へ
LINE ビジネスコネクト向けサービス「TONARIWA」とドコモのチャットボット連携 グリコが導入
電通アイソバー、Adobe Campaignの顧客情報とLINEユーザーを連携するサービスリリース
電通アイソバー、デジタルコンテンツの客観的評価行う「THE SIGMA METHOD」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/25 14:30 https://markezine.jp/article/detail/28331

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング